痛い炎症ニキビを治したい!ニキビが炎症を起こす理由とケア法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。

すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

触ると痛い、隠そうとしても目立っている炎症ニキビをいろいろなニキビケアで改善しても繰り返しできてしまう!と悩んでいませんか?

痛みと痒みも伴う炎症ニキビは治すのがとても難しく、完全に治るまで時間もかかりますよね。

そして、メイクで隠そうと思ってもプクッと赤く腫れているため、なかなか隠れてはくれません。

そんな誰からも嫌われている炎症ニキビをどうにかして早く治したい!と思っている方が大半だと思いますが、残念ながら裏技的な治し方はないのです。

しかし、とても厄介なニキビと言われている「炎症ニキビ」も正しいスキンケアやニキビケアをすれば、また美しい肌を手に入れることができますよ!

今回は多くの方を悩ませる炎症ニキビの原因や効果的な治し方・予防方法を詳しく説明させていただきたいと思います。

目次

1. ニキビの種類と原因

2. ニキビの炎症はどうして起こるの?
2-1. 炎症ニキビってどんなニキビ?
2-2. 炎症ニキビを治すために覚えておきたい3つのポイント
2-3. 炎症ニキビにはビタミンやミネラル摂取が効果的?

3. 体の内側・外側から炎症ニキビを撃退!
3-1. 体の内側からケア方法
3-2. 体の外側からのケア方法

4. 炎症ニキビを抑えるために効果的なおすすめニキビ化粧水
4-1. 炎症ニキビを治したいならこれ!
4-2. なぜビタミンCはニキビに効果的なの?

5. まとめ

1. ニキビの種類と原因

niki73

触ると痛い、隠そうとしても目立ってしまう「炎症ニキビ」は何度も繰り返しできてしまう場合もあるのでとても厄介です!

ニキビには大きく分けて4つの種類があります。

 白ニキビ

 黒ニキビ

 赤ニキビ

 黄ニキビ

今回解説させていただく炎症ニキビは一般的に「赤ニキビ」のことをいいます。赤ニキビは読んで字のごとく赤く腫れたような見た目が特徴で痛みや痒みを伴います。

炎症ニキビについて解説する前に、まずはニキビの基本の情報であるニキビの種類と原因について再度確認しましょう!

ニキビの種類 ニキビの原因と状態
白ニキビ

・毛穴に皮脂や古い角質、汚れなどが詰まることで毛穴がふさがってしまい、白いできもののように見える状態

・ニキビの初期段階

黒ニキビ

・毛穴の中に皮脂や古い角質・汚れなどが詰まり表面の皮脂が外気に触れることで酸化して、黒くなってしまった状態

赤ニキビ

・毛穴に皮脂や古い角質・汚れが詰まってできたニキビが赤く腫れてしまった状態

・毛穴の中で雑菌が増えてふさがった状態

黄ニキビ ・ニキビの状態が悪化して細菌が繁殖し黄色い膿(うみ)を持ってしまった状態

赤ニキビと黄ニキビは痛みを伴う場合もあり、間違ったニキビケアをするとニキビ跡が残ってしまう可能性が高いので、ケアをする際は十分に気をつけてくださいね!

2. ニキビの炎症はどうして起こるの?

20140501_333_250_3849

そもそもニキビとは、皮膚の炎症性疾患のひとつです。そして、一般的に青年期(思春期)に顔面にできるものを「ニキビ」と呼びます。それ以外のものは「吹き出物」と呼ぶことが多いですね。ニキビはホルモンと細菌と皮脂の相互作用が原因で毛穴に炎症が起こることによって発症される、と考えられています。

つまり、「ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで発生する」ということです。

そして、詰まってしまった毛穴の中に古い皮脂や角質などがたまり、毛穴が開いてしまい中身が見えている状態の黒ニキビ、そして毛穴が閉じている状態の白ニキビができます。

黒ニキビや白ニキビなどの初期段階から赤ニキビになる原因は皮膚にとても多く存在する「アクネかん菌(アクネ菌)」です。

アクネかん菌とは?(アクネ菌とも呼ばれています)

アクネ菌の正式名称はプロピオニバクテリウム・アクネスといい、常在菌の一種です。常在菌というのは、普段からヒトのからだに住みついている菌のことで、代表的なものには腸内細菌が挙げられます。アクネ菌も他の常在菌と同様に、善玉菌と悪玉菌が存在するといわれています。皮脂を好み、増殖する特徴があります。異常な増殖をしなければ問題はありません。

nikipedia|http://nikipedia.jp/propionibacterium-acnes-6028

アクネかん菌は酸素の少ない皮脂せんの奥などに生息してるとされています。アクネかん菌は皮脂を好むので詰まってしまった毛穴の中で過剰に皮脂を栄養として繁殖します。

そこで、アクネ菌をやっつけようと体の免疫を担っている白血球が戦ってくれることで炎症が起こってしまうと痛みを帯びるようになる、これが炎症ニキビの原因とされています。

2-1. 炎症ニキビってどんなニキビ?

Acne skin because the disorders of sebaceous glands productions

赤く腫れあがった痛々しい赤い炎症ニキビは先にお伝えしたように思春期の頃に現れやすいです。

炎症ニキビは、別名赤ニキビとも言われますが、毛穴内部でアクネ菌が繁殖し赤く炎症を起こした状態を指します。この状態が継続すると、炎症による化膿が起こり毛穴内部が破壊されてしまう可能性があります。この時にできるニキビが「化膿ニキビ」と呼ばれる黄ニキビです。

つまり、炎症ニキビは白ニキビや黒ニキビから症状が進んでしまい悪化した状態であるといえますが、ではこの炎症ニキビを治すにはどうしたらいいのでしょうか?

2-2. 炎症ニキビを治すために覚えておきたい3つのポイント

炎症ニキビをきれいに治すには3つのポイントがあります!

① ニキビに絶対触らないこと!

aid384804-728px-resist-the-temptation-of-popping-pimples-step-1-version-2

ニキビの状態はどうしても気になりますよね。その気持ちよーくわかりますが、炎症ニキビは触らないことが一番大切です!

手には多くの雑菌があり、ニキビを悪化させる原因になります。また、触ることによって刺激となりニキビがさらに悪化する場合もありますので絶対にニキビには触らないでくださいね。

外部からの刺激には手で触るだけではなく、髪やメイク、マスクなどでニキビを隠すことも含まれています。

ニキビを他の人に見られたくない、恥ずかしいという思いで髪の毛でニキビを隠そうとすると髪の毛についている雑菌がニキビをこすり刺激となり肌にストレスを与えてしまい、必要以上にニキビが広がることもありますので要注意です。

また、女性の場合はメイクでニキビを隠したい時もありますよね。でも、炎症ニキビはお肌を清潔に保つことが改善の近道ですので、できる限りメイクはしない方がよいです。もちろん、仕事上メイクをしなくてはならない場合はできる限りナチュラルメイクで、そして、休日はノーメイクで過ごしてみてください。リキッドファンデーションやコンシーラーには油分が含まれているので、下地や日焼け止めの後はルースパウダーやフェイスパウダーのみ使うのもポイントです。

② 薬に頼ること!

imgres

炎症が全然引かないのは、体の免疫システムで異常に繁殖したアクネ菌を退治することができないことを指します。ですので、アクネ菌を弱める作用のある抗生物質などを服用することも、炎症ニキビを治すにあたり重要なステップです。

少しニキビができた時にすぐに薬に頼ってしまうと逆にニキビができやすくなってしまったり、本当に必要な時に聞かなくなってしまう場合もありますので、薬は炎症ニキビの症状がかなりひどい時など、本当に薬が必要な時にのみ頼ってくださいね!

③ 洗顔しすぎないこと!

imgres

ニキビは皮脂の分泌が増えることによって発生する、と間違った情報をお持ちの方がいるようです。

もう一度お伝えしますが、思春期にできるニキビは皮脂が多いからできるのではなく、「ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで発生する」のです。


重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

1 2 3 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。