皮下脂肪を落とす!運動と食事のWアプローチで確実に落とす18選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

社会で生きていくには、ある程度のストレスは覚悟して過ごさなくてはなりません。

仕事や育児、人付き合いの中で知らぬ間にたくさんの悩みや不安を抱えることは、避けては通れない宿命なのかもしれません。

しかし、過度なストレスが続くと、発散のために暴飲暴食や運動不足が原因の体調不良を起こしかねません。

暴飲暴食や運動不足は、体の中にいらない脂肪を蓄えてしまうことへと繋がります。

体の中に溜まった脂肪は、日常の生活に支障をきたすようになります。

生活習慣病や大きな病気に発展しかねないので、気づいた時に対処をしていきましょう。

今回は、体に溜まってしまった皮下脂肪を落とすための方法をご紹介していきます。

効率よく皮下脂肪を落とすには、どういった方法があるのでしょうか?

この機会に、生活習慣を見直して健康的な体を保てるようにしましょう!

→目次

1.皮下脂肪とは何?
1.1皮下脂肪と内臓脂肪の違い
1.2皮下脂肪の落ち始める期間
1.3男性よりも女性につきやすい

2.皮下脂肪を落とすための方法とは?
2.1食事を見直す
2.2適度な運動を取り入れる
2.3ゆとりある生活のリズムを得る!

3.皮下脂肪を落とすためのレシピ
3.1脂肪燃焼スープ
3.2脂肪を燃焼するバナナきな粉
3.3ヘルシーなお好み焼き

4.皮下脂肪を落とすための運動方法とは
4.1踏み台昇降
4.2ゆっくりスクワット
4.3腕を曲げない腕立て伏せ

5.皮下脂肪を落とすサプリメント
5.1生漢煎 防風通聖散
5.2シボヘール
5.3三黒の美酢

6.皮下脂肪を落とすことに成功した方のブログ公開!
6.1プロが教える「本当のダイエット」〜楽しくなければダイエットじゃないじゃん〜
6.2皮下脂肪ダイエットブログ
6.3自宅でできる!全身の体脂肪を落とす7つのトレーニング

7.まとめ

 

1.皮下脂肪とは何?

体の中に存在する「脂肪」ですが、一般的にこの脂肪はあまりないほうが良いとされ、幅広いジャンルでその脂肪を落とすためにダイエットを実行されている方が、少なくありません。

しかし、ある程度の脂肪は体の中に蓄えておく必要があることを覚えておいてください。

極端なダイエットをして、体脂肪を一桁台まで落としてしまう方もいますが、命の危険もあるので絶対にしないようにしましょう。

正しい知識を持って、ダイエットを実行することをおすすめします。

そこで、今回は体の中に蓄積されて困ってしまう「皮下脂肪」を効率よく落としていく方法をご紹介していきます。

この章では、皮下脂肪のメカニズムについて詳しくまとめていきます。

1.1皮下脂肪と内臓脂肪の違い

一般的に体の中に蓄積されているお肉のことを「脂肪」といいます。

その中でも「皮下脂肪」と「内臓脂肪」と2つに分けることができます。

皮下脂肪は、読んで文字のごとく皮膚の下にすぐ存在するお肉を「皮下脂肪」といいます。

そして、内臓の中に存在するお肉を「内臓脂肪」といいます。

皮下脂肪は内蔵脂肪に比べて、簡単に減らすことが難しいとされています。

内蔵脂肪は、エネルギーの一時的な貯蔵庫として脂肪を蓄える働きがあります。

いざという時のための、脂肪を蓄えていると考えてください。

なので、しっかりダイエットをして運動と食事のダブルのアプローチをすることで、内蔵脂肪を利用してエネルギーにして燃焼してくれるようになります。

内蔵脂肪を減らすには、体の中のインナーマッスルを意識して運動をすると、ゆっくりと体脂肪を減らすことができます。

一方、皮下脂肪は飢餓などに備えた長期的なエネルギー貯蔵庫としての役割があり、簡単に燃焼されてくれません。

最初に内臓脂肪を減らしてから、次に皮下脂肪を燃焼するという考え方になります。

しかし、マッサージなどを施して、外部から脂肪を流し落とすという方法もありますので、根気強く続けていけばすっきしとした体形を維持することが可能です。

健康を維持していく上で、どちらの脂肪も程よく燃焼させていくことが理想です。

急激なダイエットを行っても、すぐに減らすことができないので、気長に継続していくことが必須です。

1.2皮下脂肪の落ち始める期間

皮下脂肪を燃焼するにあたり、その効果が出るのはそう早くはありません。

つまり、ある一定の期間は皮下脂肪を落とす運動や食事を続ける習慣が重要となります。

500kcalで約70gの脂肪が燃焼されるとされています。

しかし、500kcalを消費するにはかなりの運動量が必要になります。

そこで、1日の食事の摂取をいつもより少しだけ制限をすることで、激しい運動を行わなくても皮下脂肪を燃焼してくれるようになります。

ここで注意が必要なことは、早く皮下脂肪を落としたいために、過度な食事制限や運動を行うことは、一時期の変動は見られても長期的にその体系を維持することが難しくなるので、あくまでもゆっくりと気長にダイエットを行っていくことが理想です。

脂肪の落ち方には、個人差があるのであくまでも目安にして、ご自身ができるペースで行っていくことがいいですね。

1.3男性よりも女性につきやすい

一般的に、男性よりも女性のほうが脂肪は付きやすい傾向のあります。

女性は、生理や出産があるために、脂肪を蓄えておくことで体の体温を温かくするようにできています。

体温を温かく保つことで、妊娠しやすい体にするほか、妊娠してお腹の赤ちゃんを健康に育てるための手段でもあります。

そういった理由から、女性の体のほうが皮下脂肪を蓄えやすいという理由が成立します。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket