牛乳のダイエット効果は本当?5つの痩せる理由と成功する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

健康が国民的な関心事になった今、ダイエットの話題も、あちこちで盛んに語られています。「~はダイエットに良い」だとか、「~は太りやすい」といった情報を、いろいろなところで目にします。

そのような情報には、信ぴょう性の高いものから、「どっちが本当なの?」と思うような、正反対の意見までさまざま。そんな判断に迷う事の一つが、「牛乳は太るか痩せるか」という問題でしょう。

かつては太りやすいというイメージの強かった牛乳も、現在は「ダイエットによい」と言う意見も出るように。果たして真相はどちらなのか、詳しく探ってみました!

目次一覧

1.牛乳ダイエットって何?
1.1.ダイエットの大敵とは
1.2.「牛乳は太る」は間違い?
1.3.牛乳ダイエットのやり方は

2.牛乳に含まれる栄養成分って?
2.1.カルシウムが豊富
2.2.バランスの良いたんぱく質
2.3.ビタミンにも優れている
2.4.脂質も大事
2.5.整腸作用を持つ乳糖

3.牛乳ダイエットで痩せる5つの理由
3.1.満腹感が得られる
3.2.代謝がアップする
3.3.デトックス効果も
3.4.脂肪や糖質を分解してくれる
3.5.高カロリーでも太りにくい

4.牛乳ダイエットの効果は
4.1.ストレス解消で気分もスッキリ
4.2.豊富な栄養で美容にも
4.3.もちろん健康にも抜群

5.牛乳ダイエットを成功させるコツ
5.1.毎日決められた時間に飲む
5.2.長期間続ける
5.3.きな粉を混ぜる
5.4.運動後に飲む
5.5.牛乳が苦手な人は?

6.牛乳ダイエットの口コミは?

7.牛乳ダイエットのレシピ4選
7.1.たんぱくドリング
7.2.特濃ミルクスープ
7.3.簡単大根おろしポタージュ
7.4.すりおろしりんごの牛乳かけ

8.まとめ

1.牛乳ダイエットって何?

「牛乳は体にいい」というのは誰もが知る常識になっていますが、「ダイエットにいい」と聞くとどうでしょうか。中には「牛乳って太るんじゃないの?」と思う人も多いのでは。

しかし、最近は「牛乳ダイエット」が提唱されるほど、牛乳のダイエット効果が盛んに話題になっています。はたして牛乳ダイエットとはどういったものなのか、まずそれについて見てみましょう。

1.1.ダイエットの大敵とは

ところで、ダイエットで大敵になるものとはなんでしょうか。ダイエットで避けなければいけないものと言えば、「高カロリー」「高脂質」「高糖質」といったところでしょう。

カロリーはエネルギーのこと。人間は活動のために必要なエネルギーを、食べ物から得ています。得た分のエネルギーを、さまざまな活動によって使ってしまえば、エネルギーの収支バランスも安定し、問題はありません。

しかし、人間の体は、余ったエネルギーを体に貯蔵するようにできています。その貯蔵庫となっているのが、脂肪なのです。

つまり消費しきれないような高いカロリーを摂取すると、余った分はどんどん脂肪となっていくのです。ですから、ダイエッターにとって高カロリーのものは大敵というわけです。

脂質が嫌われるのは、中性脂肪を増やす原因だからです。中性脂肪は、貯蔵用のエネルギーとして、消費されずにため込まれていく脂質です。

糖質もまた、脂肪を増やす原因になります。糖質は体内でブドウ糖となり、体を動かすエネルギーとして使われますが、あまったブドウ糖は脂肪細胞へ運ばれ、中性脂肪となるのです。

こうしたものは、ダイエットでは避けるべきとされています。では、牛乳に関してはどうなのでしょうか?

1.2.「牛乳は太る」は間違い?

上でも述べたように、「牛乳は健康に良い」というのは、ほとんど定説となっています。その一方で、「カロリーが高く、高脂質だから、太りやすい」というイメージも、多くの人が持っています。

牛乳のカロリーは、コップ一杯(約200ml)で134kcal。これは特別高いとは言えないまでも、決して低い数値ではありません。また脂肪分も多いため、単純に考えれば、ダイエットには確かに向かないように見えます。

では、やはり牛乳は太りやすい飲み物なのでしょうか?実は、必ずしもそうとは言えないのです。

牛乳を飲んで太る可能性があることは、事実です。ただしそれは、毎日かなりの量を飲んだ場合。どんな食べ物でもそうですが、摂り過ぎれば太る可能性は高まります。

逆に、飲み方によってはダイエット効果があると考えられています。その根拠は、牛乳の「腹持ちのよさ」です。

牛乳は、コップ一杯でかなりの満腹感が得られるため、食事量を抑える効果があるのです。牛乳ダイエットの発想も、この事実を元にしています。

では、牛乳ダイエットの具体的なやり方はどうなのでしょうか。それについては、以下で見てみましょう。

1.3.牛乳ダイエットのやり方は

一般に言われている牛乳ダイエットのやり方は、食前に一杯の牛乳を飲むというだけ。牛乳が満腹感をもたらすので、食事の摂りすぎを防いでくれるというものです。

また、就寝前に牛乳を飲むのも効果的です。寝る前に温かい牛乳を飲むことで、質の良い眠りがもたらされ、睡眠中に成長ホルモンが活発に分泌されるようになります。

成長ホルモンは代謝を促進させるため、ダイエットに役立ちます。また、安眠効果により、ダイエットのイライラも解消されやすくなります。

寝る前に牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロするという人には、朝起きてすぐの一杯も効果的。腸を刺激して、排便を促すので、おなかもスッキリできます。

2.牛乳に含まれる栄養成分って?

「牛乳=栄養豊富」というのは、改めて言うまでもないくらい知られている事実です。では、具体的にはどんな栄養が詰まっているのでしょうか。

牛乳に含まれる栄養成分について見てみましょう。

2.1.カルシウムが豊富

牛乳と言われてすぐ思いつく言葉が、カルシウムではないでしょうか。牛乳の代名詞と言えるほど、カルシウムの豊富さは有名です。

牛乳100gに含まれるカルシウムの量は、110mg。単純比較では、牛乳よりカルシウムを豊富に含む食品はほかにもあります。

しかし、牛乳に含まれるカルシウムは、その吸収率の高さにおいてほかの食品に勝っているのです。

牛乳のカルシウムの吸収率は、約40%。魚のカルシウムの吸収率は33%で、野菜は19%となっていますから、その高さは一目瞭然です。

カルシウムは、骨や歯を丈夫にする成分として知られていますが、神経刺激の伝達や、筋肉の収縮などにも関わる、体にとって非常に重要なミネラルです。

2.2.バランスの良いたんぱく質

牛乳にはまた、たんぱく質が豊富なことでも有名です。

たんぱく質は20種類のアミノ酸から成っていますが、そのうち9種類は、「必須アミノ酸」と呼ばれる、体内で作ることのできないものです。必須アミノ酸は、食品から摂取するほかありません。

実は、牛乳にはこの9種類の必須アミノ酸が、バランスのよい量で含まれているのです。

たんぱく質は人間の体にとって欠かせない成分です。内臓や皮膚、血液、骨といったもののすべてに、たんぱく質が使われています。

つまり、牛乳を飲むことは、体に欠かせないたんぱく質を補給するうえで、非常にメリットが大きいわけです。

2.3.ビタミンにも優れている

あまり知られていないことですが、牛乳にはビタミンもたくさん含まれています。

牛乳に含まれるビタミンは、ビタミンA、D、E、K、B1、B2、ナイアシン、パントテン酸、葉酸などです。ビタミンCはあまり含まれませんが、その他のビタミンを、豊富に含んでいます。


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket