ゴボウ茶の驚くべき効果!ダイエットや若返りにも効果絶大!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今、話題の「ゴボウ茶」をご存知でしょうか?
ダイエット・美容・健康にもいいと言われていますが、
その反面、副作用を心配する声もあります。

実際のところ、ゴボウ茶の何がいいの?どんな効果があるの?
と、色んな疑問があると思います。

今回は、そんな「ゴボウ茶」の疑問を徹底解明していきます!
お家でカンタンに作れるゴボウ茶で綺麗な体を目指しましょう。

【目次】
1. ゴボウ茶とは
1.1 まずゴボウの歴史
1.2 ゴボウの利用方法
1.3 副作用はあるの?

2. ゴボウ茶の効果・効能
2.1 ダイエットに最適
2.2 美容効果も絶大
2.3 もちろん健康にも

3. 雲南省式!ゴボウ茶の作り方・保存方法
3.1 カンタン!家でゴボウ茶をつくる方法
3.2 ゴボウ茶の淹れ方
3.3 ゴボウ茶の保存方法・期間

4. アレンジ自由!ゴボウ茶レシピ3選
4.1 サラサラ食べられる!ゴボウ茶漬け
4.2 健康スイーツ!ゴボウ茶クッキー
4.3 みんなで美味しく!ゴボウ茶も味噌汁

5. まとめ

 

 

 

1. ゴボウ茶とは

ダイエットや美容・健康面でも注目されているゴボウ茶ですが、
そもそもゴボウ茶とは一体何なのでしょうか?
まずは、ゴボウ茶のことからご紹介していきます。

 

1.1 まずはゴボウの歴史

ゴボウの原産国は、意外にもユーラシア大陸北部なんです。
アジアなのかなと思いがちですが、実は遠い国からだったんですね。

そして、ヨーロッパから中国に伝わり、
日本には室町時代に伝わったといわれています。

中国では、ゴボウは食用とはせずに、漢方薬として使用されています。
ゴボウを食用として様々な料理にしているのは、日本と台湾くらいです。
また、日本で食べられるようになったのは江戸時代からといわれています。

今では、ゴボウは青森県が生産日本一となっています。
ゴボウは寒い地域でよく育ち、耕土の深いところで良いゴボウが育ちます。
これは、ゴボウが真っ直ぐ伸びるため、深いところが良いとされています。

 

 

1.2 ゴボウの利用方法

ゴボウは主に、食用・薬用として使用されています。

太平洋戦争の頃に、英米人捕虜がゴボウを「木の根」だと思い、木の根を食べることを強要し虐待されたとして
日本人兵士が戦犯として訴えられたこともあったといいます。

食用の場合には、多くの食物繊維が含まれている他、
抗酸化作用も強く、美容・健康・ダイエットにおいても重宝されています。

薬用としては、利尿、発汗、血液浄化、皮膚疾患(ニキビ、湿疹、乾癬)などに効果的で、
ガンなどに効くとも言われていますが、これはまだ解明されていません。

ビタミンB群、カルシウム、鉄分、リン、ビタミンE、マグネシウム
カリウム、食物繊維と、栄養が豊富なので重宝されています。

 

 

1.3 副作用はあるの?

ゴボウ茶には副作用があるのでは?という声もあります。

この副作用と呼ばれている原因が「サポニン」です。
この「サポニン」という成分は、ゴボウの皮に含まれているといわれています。

ゴボウなどの土の中で育つ植物は、
土の中の強い菌と戦えるだけの抵抗力を持っています。
この「サポニン」という成分は、植物を守るための防御菌なのです。

この成分が、血液中の赤血球を破壊したり、善玉コレステロールを
除去してしまうということも示唆されています。

しかし。適度な摂取であれば、冷え性の改善や免疫力の向上
ダイエットにも効果的ともいわれています。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket