太りやすい体質の原因をチェック!今すぐできる5つの改善方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

太りやすい体質を何とかしたいと悩んでいる人はとても多いですよね。

体質の悩みは周囲にも相談しにくく、悩み続けてはいませんか?

実は太りやすい体質には原因があり、それに合った改善方法があります。

一体どうして自分が太りやすいのかを知ることで、正しい改善策を見つけられますよ。

今回は太りやすい体質の原因と、正しい改善方法を詳しくご紹介。

さらに、太りやすい体質のセルフチェックや太りやすい食べ物、太りやすいNG行動まで解説します。

この記事を参考にし、太りやすい体質を改善してください。

目次

1.太りやすい体質を改善したい!
1.1 太りやすいのは遺伝なの?
1.2 太りやすいのは何かの病気?
1.3 太りやすいと気にすれば気にするほど、太ってしまう?
1.4 体の仕組みを知れば、太りやすい体質は改善できる!
2.太りやすい体質の原因をセルフチェック
2.1 両親やきょうだいが太っている
2.2 睡眠時間は1日8時間以下
2.3 食事の栄養バランスが偏っている
2.4 運動が苦手・嫌い
2.5 好き嫌いが多い
2.6 冷え性である
3.太りやすい人と痩せやすい人の違いとは
3.1 遺伝も少なからず影響している
3.2 普段からストレスや疲れを溜め込まない
3.3 生活習慣が整っている
3.4 病気をしにくく、風邪もあまりひかない
4.太りやすい体質を改善する5つの方法
4.1 食事の栄養バランスを整える
4.2 適度な運動を習慣にする
4.3 冷たい食べ物や飲み物を減らす
4.4 睡眠をしっかりと取る
4.5 疲れやストレスを溜め込まない
5.太りやすい体を作ってしまうNG行動を知ろう
5.1 足を組む
5.2 無理なダイエット
5.3 体重や体系を気にしすぎる
5.4 太りやすい時間に食べてしまう
6.産後や生理前はどうして太りやすいの?
6.1 ホルモンバランスの影響で脂肪を蓄えようとする
6.2 産後は徐々に体重が戻る大切な時期
6.3 産後や生理前に太りやすいのは気にしないこと
7.なるべく避けたい太りやすい食品とは
7.1 冷たいジュース類
7.2 揚げ物全般
7.3 ケーキ等の洋菓子
8.まとめ

1.太りやすい体質を改善したい!

1.1 太りやすいのは遺伝なの?

自分は人よりも太りやすいな…と感じている人はとても多いものです。太りやすいのは一体どうしてなのか、もしかして遺伝?と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

太りやすい体質というのは、実は遺伝も多少関係しているようです。

例えば両親が太りやすいから、自分の太りやすい…等、太りやすいという体質はあるかもしれませんね。

しかし、太りやすい体質だからと言って、すべての人が太ってしまうとは限りません。

太りやすいのは、遺伝よりも普段の生活や食事、環境等が大いに関係しているのです。

太りやすい体質だからと諦めずに、まずは自身の生活や食事を見直してみましょう。

太りやすい体質の原因は全てが遺伝ではないのです。

1.2 太りやすいのは何かの病気?

人よりも太りやすいのは、何かの病気なのではないか?

と悩んでいる人もいるかもしれませんね。

確かに太りやすいと、体に異常があるのではないかと思ってしまうこともあるでしょう。

太りやすいことで考えられる病気は、高血圧や糖尿病、甲状腺機能低下症等があります。

ただし、こういった病気が疑われるのはあくまでも、急激に体重が増加した場合です。

食事や運動量等、生活サイクルは何も変わらないのに、突然体重が増えたり、下腹が出てくる等の症状がある場合には病院を受診してみましょう。

反対に、体重が増えた心当たりがあったり、徐々に体重が増えて太ってきた、という場合には病気の可能性は低いと考えられます。

太りやすいこと全てが病気に繋がることはありませんので、まずは生活や食事を振り返ってください。

それでも心当たりがない場合や、突然太ってしまったという場合には病気を疑ってみてください。

1.3 太りやすいと気にすれば気にするほど、太ってしまう?

太りやすいということを気にしすぎると、余計に太ってしまうという事もよくあります。

「自分は太りやすい」と自覚してしまうことで、体の代謝が悪くなってしまったり、エネルギーを消費できなくなってしまいます。

病は気からと言いますが、太りやすいのも同じです。

気にすれば気にするほど、太りやすい体質になってしまうことも考えられるので注意しましょう。

また、太りやすいのを気にするあまり、ストレスを溜めてしまうことも懸念されます。

ストレスが溜まると体の代謝が悪くなり、不要物が溜まります。

その結果、便秘になったり、運動したときの消費カロリーが低くなったりしてより太ってしまう可能性も。

ストレスは食べ過ぎの原因にもなるので、太りやすいということを気にしすぎるのは避けるようにしてください。

1.4 体の仕組みを知れば、太りやすい体質は改善できる!

太りやすい体質を改善するのなら、体の仕組みを知りましょう。

なぜ太ってしまうのか、なぜ体重が増えてしまうのかを根本的に理解すれば、太りやすい体質は必ず改善できます。

ダイエットをしたい人や、太りやすい体質を治したいという人はまず体の仕組みを知ることから始めてください。

そして食生活を変えたり、生活習慣を見直すことで、太りやすい体質を改善していきましょう。

2.太りやすい体質の原因をセルフチェック

2.1 両親やきょうだいが太っている

両親やきょうだいに太っている人、肥満体質の人がいる場合、自分も太りやすい体質である可能性があります。

いわゆる遺伝になりますが、身近な親族が太っているときほど可能性は高くなるでしょう。

ただし、先ほども述べましたが太りやすいのは全てが遺伝が原因ではありません。

同じ家で過ごしている両親やきょうだいは、みんな同じ食事であったり、生活習慣であることが多いですよね。

同じ食事を摂り、同じような生活を送っている人が太っているときには、遺伝ではなくその生活習慣が太りやすい原因を作っている可能性が高いです。

両親やきょうだいが太っているのなら、遺伝よりも食事や生活を見直してみてください。

2.2 睡眠時間は1日8時間以下

睡眠時間を確保するのは、健康的な生活を送る上で欠かせません。

理想的な睡眠時間は8時間と言われていますが、これよりも睡眠時間が短い場合、睡眠不足が太りやすい原因になっているかもしれません。

睡眠中には体力を回復したり、細胞が生まれ変わったりしているのですが、その間にも非常に大きなエネルギーを消費しています。

寝ているだけですが、睡眠中にもカロリーは消費されているのです。

また、睡眠時間が不足すると、新陳代謝が悪くなり、日中の消費カロリーも低くなってしまいます。

同じ運動をしても消費できるカロリーが少なくなるので、自然と太りやすい体へと変化してしまいます。

太りやすい体質を改善したいのなら、まずは1日8時間の睡眠を目指してみましょう。

どうしても夜たっぷり眠れない人も、仕事の合間で昼寝を10分~20分でもいいので取るようにします。

睡眠時間を確保し、エネルギーを消費しやすく痩せやすい体質を作ってください。

2.3 食事の栄養バランスが偏っている

太りやすい体質は、食事の内容も原因かもしれません。

毎日の食事はその人の体重に大きく関わります。

多くの人は食事からの摂取カロリーを気にしますが、それだけではなく、何を食べたのかという内容や栄養バランスもとても大切です。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket