腹筋を割るためには?理想のくびれを手に入れる秘策を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

せっかくダイエットに成功したのにお腹がぽっこりしたままなんてことはありませんか?

女性らしいくびれや男性らしい腹筋に誰もが憧れるものですが、この腹筋は体重を落としたからと言って手に入るわけではありません。どうせ、ダイエットするならお腹周りをスッキリさせたいですよね。

そのために知っておきたいのがどうすれば腹筋が割れるかです。今回はお腹を引き締めて綺麗なスタイルを手に入れるために、腹筋を割る方法を紹介します。

もくじ

1.腹筋を割るためには脂肪を落とせ?

2.腹筋を割ることのメリットは?

2.1.くびれのあるスタイルを手に入れよう

2.2.腹筋で腰痛予防?

2.3.腹筋を割るだけで便秘解消?

2.4.新陳代謝アップでダイエット効果?

3.腹筋を割る方法を紹介

3.1.筋トレだけではダメ!有酸素運動との組み合わせ

3.2.筋トレの回数と速度は?

3.3.腹筋はどれくらいで割れるの?

4.腹筋を割るための筋トレを紹介

4.1.腹筋のための王道の筋トレ

4.2.腹筋割れにくびれを作る効果をプラス

4.3.気になる下腹部に効く腹筋

4.4.道具を使った腹筋

4.5.わき腹を鍛えてくびれを作ろる腹筋

5.腹筋を割るための食事療法とは?

5.1.体脂肪率はどこまで落とせばよいの?

5.2.腹筋を割るために取っておきたい食べ物は?

5.3.水分量を調節して綺麗な腹筋を手に入れよう

6.腹筋割れは成功するの?

6.1.腹筋がきれいに割れた人の体験談

6.2.腹筋割れに失敗してしまった人の体験談

7.まとめ

1.腹筋を割るためには脂肪を落とせ?

 

腹筋を割ると聞いて真っ先に思い浮かぶのは筋力トレーニングです。ですが、実際には筋力トレーニングだけで腹筋を割るには時間がかかります。さらに、女性の場合は男性よりも筋肉が付きにくいため腹筋を割ることは難しいといえます。では、どうすればより早く腹筋を割ることができるのでしょうか?それは、体の脂肪を落とすことです。

実はお腹の筋肉はその作りから何もしない状態でもある程度は割れているのです。ですが、お腹周りについている皮下脂肪によって割れた腹筋を見ることができません。そこで、体の脂肪を落とすことが大切になってきます。お腹周りの脂肪を落とすことで、綺麗な腹筋を見ることが可能になります。では、腹筋を割るためには筋トレは必要ないのでしょうか?

腹筋を割るためには確かに体脂肪を落とすことが最も大切です。ですが、くびれは体脂肪を落としただけでは作れません。また、綺麗に腹筋を割るためには筋トレも大切です。体脂肪を落とし、かつ運動も行って腹筋を割ることで痩せやすい体質を作ることも可能になります。

ですから、お腹周りをすっきりさせて綺麗なくびれを作るには、筋トレと脂肪を減らすことをどちらもきちんと行なうことが大切といえます。

2.腹筋を割ることのメリットは?

腹筋を割るためには筋トレだけでなく、脂肪を減らすことも大切であることがわかりました。では、腹筋を割ることにはどんなメリットがあるのでしょうか?ここでは腹筋を割ると良い理由について考えます。

2.1.くびれのあるスタイルを手に入れよう

腹筋を割ることの最大のメリットは綺麗なスタイルを手に入れることができるという点です。先ほども考えたように、腹筋を割るためには毎日筋トレをしているだけでは不十分です。筋トレと共に体脂肪率を落とすことも大切です。割った腹筋が薄っすら見えるためには特にお腹の脂肪を落とす必要があります。お腹周りの脂肪が落とされ、引き締まったお腹は綺麗なスタイルには欠かせません。

そして、腹筋を行なうことの最大のメリットはくびれを手に入れれるという点です。くびれは体脂肪率を落としただけでは手に入れることができません。くびれを手に入れるためにはお腹の横についている腹斜筋を鍛えることが大切です。腹斜筋を鍛えることで、綺麗なくびれのあるスタイルを作ることができます。

2.2.腹筋で腰痛予防?

腹筋を割るために筋トレを行なう際に背筋も強化する運動を行なうことができます。くびれを作るためにはお腹だけでなくわき腹などバランスよく筋力を鍛え、脂肪を落とすことが大切だからです。そして、腹筋を割るために背筋も一緒に鍛えることで、バランスの良く筋肉が付き、腰痛の予防にもなります。

ただし、すでに腰痛がある方が背筋を鍛えようとして腹筋などの筋トレを行なう場合には腰痛を悪化させてしまうことがあります。腰痛の原因が筋力の衰えだけではないからです。ですから、すでに腰に痛みがある場合には腹筋運動には注意が必要です。

2.3.腹筋を割るだけで便秘解消?

便秘解消には運動が不可欠です。運動の中でも腹筋は便秘解消に効果があるとされています。それは、便秘になる原因の一つに筋力が衰えている場合があるからです。特に運動以外の方法でダイエットを行なうと筋力が衰えやすく、便秘の原因になる場合があります。

腸の筋力が衰えてしまうと蠕動運動が弱くなり便秘傾向に陥りやすくなります。さらに、腹筋が少ないといきむことが難しく便秘をさらに悪化させてしまいます。反対に、腹筋を鍛えることで腸の弛緩が改善されるため、腸が正常に動くようになります。

また、腹筋を行なうことで、お腹周りの血液の循環が良くなります。そのため、腸の働きも活性化されやすくなります。これらの理由により、腹筋を割るために運動することで、腸の働きが活発になり、本来の働きを取り戻し便秘が改善されます。

2.4.新陳代謝アップでダイエット効果?

腹筋を鍛えることによって筋肉量が増加します。筋肉は私たちの体の脂肪をエネルギーとしてしようします。ですから、腹筋を割るために筋力トレを行なうことで私たちの体の新陳代謝を上げることが可能になります。新陳代謝が上がることで体が余分な物を蓄えにくくなり、ダイエット効果を期待することができます。

また、腹筋によって体を動かし、筋肉量を増やすことで血の血流が良くなり体温が上がります。体温が上がることで基礎代謝が自然と高まりやすくなります。ですから、腹筋を鍛えるだけで、痩せやすい体質に変化するといえます。

3.腹筋を割る方法を紹介

腹筋を割ることで理想的なくびれを作ることができるだけでなく、ダイエット効果や腰痛予防にもなるなど多くの良いことがあることがわかりました。では、腹筋を割るためには筋トレだけをしていれば良いのでしょうか?腹筋を割る方法ための正しい方法について解説していきます。

3.1.筋トレだけではダメ!有酸素運動との組み合わせ

実際のところ筋トレだけを行なって腹筋を割るには時間がかかります。なぜならば、腹筋を割れてもお腹周りに脂肪がついたままでは腹筋が見えないからです。また、筋トレは無酸素運動です。筋力を付ける効果は高いですが、余分な脂肪を燃焼する効果は少なく、筋力分の体重が増えるという結果になる場合があります。ですから、腹筋を割るためには筋トレだけをしていてはいけません。

そこで、筋トレを行なうと同時に有酸素運動も行なうことが大切になってきます。では、筋トレと有酸素運動をどのように組み合わせれば良いのでしょか?筋トレと有酸素運動は行なう順番によって効果が異なります。腹筋を割るために行なうためには、体脂肪を落とすことが大切です。ですから、まず筋トレを行なってから有酸素運動を行なうことができます。

筋トレを行なうことによって、体の中にある脂肪が分解されやすくなります。それで、筋トレ後に有酸素運動を行なうなら、筋トレによって分解された体の中の脂肪をエネルギー源として使用します。ですから、体の中の脂肪が燃焼され、体脂肪が減少する効果が期待できます。


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket