導入化粧水って本当に必要?導入化粧水の5つのウソホント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

導入化粧水とは。。。

出典 | @COSME

ブースター美容液とは、固くなった角質層の奥の奥まで浸透し、肌をやわらかく甦らせる効果がある美容液のこと。
導入化粧水(ブースター美容液)は、固くなった角質層に働きかけて肌を柔らかくしてくれる効果がある化粧水です。
この「ブースター」という言葉は、英語「boost」の「押し上げる」「高める」という意味が由来とされており、その名の通り手持ちの化粧品を高める事を目的としています。
導入化粧水を使ってケアすることで、後に使う化粧品が浸透しやすくなり美容効果をしっかり得ることができます。
□肌のごわつきが気になる方
□肌が乾燥しやすい方
□化粧ノリが悪くなってきた方
□今まで使用していた化粧品の働きかけをあまり感じなくなった方
導入化粧水は、これらの肌悩みを抱えている方におすすめです。
使用する上での導入化粧水の疑問や効果を調べてみました。

1.導入化粧水でどうして化粧水の浸透が良くなるのか?効果は?

出典 | © 2009 – 2017 Rich Media Co., LTD.

肌は普段、pHが5〜6の弱酸性ですが、ブースター美容液をつけると一時的にアルカリ性に変化します。
導入化粧水で肌を一時的にアルカリ性にするんですね。
・肌のpH値をコントロールして美容成分を浸透しやすくする
・水分の通り道を作り潤いを隅々まで届ける
・肌を柔らかくしてスキンケアの浸透を高める(不要な角質の除去)
導入化粧水を使うと、これらの効果を得ることが出来るんですね。
アルカリ性に傾いた肌は、肌質を中和するために代謝を活性化させて酸性物質を分泌、これが肌にとって保湿成分となり、同時に基礎化粧品の吸収・浸透をよくするのです。
導入化粧水を使った肌はこのように変化して、化粧品を浸透しやすくするようです。

2.導入化粧水で肌のくすみやごわつきは改善できるの?

出典 | Beauty life 2017

ブースター導入液を使用すると肌の乾燥を和らげることができます。
肌がごわついて固いと、化粧品の成分の浸透が悪くなります。導入化粧水を使うことでごわついた肌を柔らかくすることが出来るんですね。
それは、ブースター導入液に硬くこわばった肌表面を柔らかくする働きがあるため、化粧水や乳液に含まれる保湿成分をきちんと肌の角質層まで届けることができるからです。
肌が柔らかくなると、美容成分が浸透しやすくなるんですね。
肌の細胞の隅々にまで、スキンケアの効果が浸透します。肌が潤うことでくすみが解消します
導入化粧水を使って肌を柔らかくし、美容成分が肌に浸透しやすくなるのでくすみの改善ができるんですね。

1 2

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket