ダイエット中のお菓子の食べ方!食べても痩せるお菓子選びの秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ダイエット中には、ある程度の食事制限も必要ですし、お菓子が好きな人は、大好きなお菓子をどうしても、食べたい気持ちを抑えて、ダイエットをしなければいけないと、イライラしたり、悩んだりしてしまいますよね。

ダイエット中であれば、もちろんお菓子も控える必要がありますが、全く食べてはいけないということはありません。

ここでは、カロリーや栄養の面から、食べてもいいお菓子の選び方を詳しく紹介します。
また、お菓子を食べ続けても、上手くいくダイエットの方法も紹介します。

正しく、知識を得ることで、お菓子を傍らにおいていても、ダイエットを成功させることが出来るでしょう。

是非ご一読下さい。

目次

1.そもそもお菓子って、どうなの?
1-1.お菓子の役割とは?
1-2.お菓子の成分とは?
1-3.お菓子の必要性ってある?

2.ダイエットに必要な知識って?
2-1.ダイエットとカロリーの常識とは?
2-2.ダイエットと栄養の関係って?
2-3.ダイエットと脂肪燃焼とは?

3.ダイエット中のお菓子の食べ方を伝授!
3-1.カロリーを考えて!
3-2.お菓子だけでは・・・。
3-3.こういう食べ方なら・・・。

4.ダイエット中のお菓子、大量摂取の危険とは?
4-1.糖分を摂り過ぎると・・・。
4-2.塩分が増え過ぎてしまうと・・・。
4-3.添加物が多いと・・・・。

5.ダイエットとお菓子、食べても大丈夫!
5-1.ヨーグルトの整腸作用
5-2.ゼリーはおなかにもよい?
5-3.栄養補助食品はどう?
6.ダイエットとお菓子、こんなのもある?
6-1.チューイングダイエットとは?
6-2.ラムネダイエットって?
6-3.ナッツダイエットの効果とは?

7.ダイエットとお菓子、手作りはどう?
7-1.おからクッキーのおいしさ!
7-2.寒天ゼリーの手軽さ
7-3.野菜の砂糖漬けはどう?

8.まとめ

1.そもそもお菓子って、どうなの?

1-1.お菓子の役割とは?

人類とお菓子の関わりから、お菓子の役割を考えてみましょう。

人類とお菓子の歴史を紐解くと、紀元前にまでさかのぼることが出来るそうです。

古くは、エジプトで紀元前3000年頃のパン焼き技術から発展したとされています。

我が国、日本でも古くは上古時代から、大陸文化を取り入れ、穀物、果物の加工技術が発達し、奈良時代には、現在の私たちが食べているようなお菓子(和菓子)に近いものの原型が唐から輸入されていたと言われています。

そういう意味では、お菓子は、昔から私たちの生活に密着して、発達してきたと言えますね。

お菓子の役割としては、食事を補うという意味があり、食事だけでは不足する栄養、エネルギー源を補う意味を持っています。

また、甘いものを摂ると、脳内から快楽物質である、エンドフィンが分泌されるため、心をゆったりとした気分にさせる効果もあります。

さらに、愛情表現、感謝の気持ちなどを表すのにも利用されてきました。

お菓子というのも、私たちの文化の一部として発達してきたのですね。

1-2.お菓子の成分とは?

お菓子にもいろいろな種類があり、栄養成分もいくつかあります。

総合的に見て、お菓子の成分を、水分、タンパク質、脂質、糖質、食物繊維、カルシウム、塩分などで、g数に換算すると、和菓子、洋菓子、その他の流通菓子を見ても、糖質が抜きん出て多い成分になります。

これは、あまり甘さを感じない<せんべい>なども、主原料が米であるので、糖質が多くなるのですね。

ポテトチップスなども、じゃがいもが主原料になるので、糖質が最も多くなります。

その他は、お菓子の種類によりますが、水分や、脂質が多いものもあります。

総じていうと、お菓子はほぼ糖質であり、糖分を摂るものと考えてもよさそうですね。

1-3.お菓子の必要性ってある?

お菓子の役割は、先ほども述べたとおり、食事を補う働きがあるので、必要ということも言えますし、現代のように飽食と呼ばれる時代では、毎食きちんと食べていれば、間食にあたるお菓子は必要ないとも言えます。

ただ、これだけの歴史をもって、育まれてきたお菓子が、全く有用性のないものとしてしまうのも、現実的ではないような気がします。

もちろん、あまり摂りすぎると、栄養過多となり、肥満の原因や、その他慢性疾患の原因にもなりますので、気を付ける必要がありますが、上手く採りいれることで、心にも余裕が出来て、人間らしい生活を送ることに役立つのではないでしょうか。

2.ダイエットに必要な知識って?

2-1.ダイエットとカロリーの常識とは?

では、お菓子と上手に付き合うために、ダイエットを行う上での基礎知識を紹介しておきたいと思います。

現代の常識として、食物の持つ成分を、エネルギー値に換算したものがカロリーであらわされます。

また、人間の一日の消費エネルギーが、代謝という言葉であらわされ、その値は同じくカロリーであらわされます。

基本的に、食物から摂るエネルギー値よりも、代謝で消費するエネルギーの方が上回れば、徐々に体内に蓄えている脂肪や、糖をエネルギーとして燃焼させるので、体重が減少していくということになります。

なので、摂取する食事を制限して、食物から摂るエネルギーを減らす、また、体の代謝を上げるようにすることが、ダイエットでは基本になるのです。

2-2.ダイエットと栄養の関係って?

ダイエットを行うためには、食事制限を行う、あるいは体の代謝を上げることが必要であるということを述べました。

食事制限をするということで、極端に何も食べないという人もいます。

もし、普段から食べ過ぎの傾向があるのであれば、一度絶食をして、胃腸を休ませるというのは、ダイエットに効果があります。

しかし、何日も食事を摂らずにいると体に支障をきたす場合があります。

食事を摂らないと、脳は、普段ブドウ糖のみをエネルギーとするため、最初は体内にあるグリコーゲンを分解してエネルギーとして使います。

しかし、それで足りなくなると、今度は脂肪をエネルギーとして使用します。

ここまでは、良さそうに思えるのですが、自身の変化としては空腹へのイライラが募ります。

また、脂肪を分解して得たエネルギーは、本来ブドウ糖から補給できるエネルギーに満たないため、脳が上手く機能せず、認知機能が低下していくと言われています。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket