1日2食にするだけの簡単ダイエット!どの食事を抜く?徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ダイエットをしていると、普段の食事のとり方ひとつにも何か工夫ができないものかと考えてしまうことがあります。

かといって、どう食事を変えればいいのか?と考えてみても、具体的にどうすればどんな効果が出るのか分からないものです。

それならば食事の回数を変えるだけの「1日2食」ダイエットをおススメします。

1日2食の食事法は健康法として実践している方も多い食事方法です。そんな1日2食のダイエット方法について、デメリットや注意点と併せながら、詳しいやり方をご紹介していきます。

食事の回数を変えるだけの簡単な方法で、運動なしでもダイエットすることができます。そんな手軽な1日2食ダイエット方法を詳しく知ってもらえたらと思います。
目次一覧
1.ごはんを1日2食にするだけでダイエット?
1.1運動苦手・カロリー計算苦手でも楽々なダイエット

2.「1日2食ダイエット」の効果
2.1食事1食分の大幅カロリーカット
2.2消化の負担が減って代謝にエネルギーが使える

3.朝・昼・晩それぞれの効果&デメリット
3.1朝・昼・晩どこの食事を抜くのがベスト?
3.2朝抜く場合は「手軽だがエネルギー不足」
3.3昼抜く場合は「大きいカロリーカットだが午後の頑張り不足」
3.4夜抜く場合は「効果抜群だか継続がちょっと難しい」

4.「1日2食ダイエット」のやり方
4.1食べる2食は普段通りの食事をする
4.2長くても1か月程度、戻るときは徐々に
4.3水分補給はいつも以上を意識
4.4たんぱく質を摂ってできれば筋トレも

5.こんなケースも!1日2食の疑問
5.1お相撲さんは1日2食、じゃあやっぱり太るの?
5.2便秘になった!人もいるってホント?
5.3間食が増えてしまったケースもある?

6.まとめ


1.ごはんを1日2食にするだけでダイエット?

健康な食事や昔からある食事の方法は、「1日3食」とよく言われます。病院の食事指導などでも「1日3食をバランスよく食べてください」などとよく言われます。

そんな理想とされる食事の回数ですが、これを2食に変えるだけでダイエットする方法があります。

やり方はとても簡単で、今までの食事から一食引けばよいだけのとても手軽な方法です。

とはいっても、どの食事を抜くのか?他に気をつけるべき点や落とし穴はないのか?など気になる点もあるでしょう。その点を見ていきましょう。

1.1運動苦手・カロリー計算苦手でも楽々なダイエット

ダイエットというと、1日2食ダイエットのように食事制限でするダイエットもありますし、他のダイエット方法もあります。

運動をしてするダイエットも多いです。けれども運動の習慣がない人は続かないことも多く、結局挫折してしまいます。

また食事制限をするダイエットでは、細かいカロリー計算が必要なこともあります。食材や料理、調理方法について詳しくなければできず、それも結局挫折してしまうことがあります。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket