ピーナッツダイエットは5つのポイントで成功!きれいに健康に痩せる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

女性の間で美容や健康のための食べ物としても注目されることのあるピーナッツですが、ダイエット中の女性はカロリーなどが気になって、なかなかピーナッツに手が出ない人も多いです。

でも、ピーナッツが女性に嬉しい栄養を持っているのも事実です。本当ならピーナッツも食べて、ダイエットの効果も得られるのが一石二鳥でうれしいですよね。

そんなピーナッツを食べてするダイエット方法があるんです。

ここでは痩せた結果を実感している人もたくさんいる、ピーナッツを食べてするダイエット方法を詳しく解説します。

ポイントを押さえてピーナッツを食べることで、きれいに、健康に、しかもダイエットすることができます。これを読んで、普段食べているピーナッツをダイエットに生かしましょう。
目次一覧
1.ピーナッツでダイエットができるの?
1.1高カロリーなイメージのピーナッツ

2.ピーナッツダイエット、ここが気になる!
2.1やっぱりカロリーが高い
2.2ニキビができやすいのでは?
2.3ピーナッツバターや加工品はやっぱりダメ?

3.ピーナッツ、8つのすごい栄養素&特徴
3.1多く含有される油は、「肥満予防」になる
3.2「抗酸化力」が強いビタミンEが豊富
3.3「代謝」に必要なビタミンB群
3.4カリウムで「むくみ改善」
3.5必須アミノ酸で「体づくり」
3.6「腸内環境改善」に食物繊維
3.7ピーナッツは腹持ちがいい
3.8低糖質食品

4.ピーナッツダイエットの詳しいやり方、5つのポイント
4.1どんなピーナッツを選ぶ?
4.2食べるタイミング①朝か昼
4.3食べるタイミング②食事前や忙しいとき
4.4食べるタイミング③おやつやおつまみとして
4.5食べる量は1日25~30粒

5.より効果的に結果を出すための3法則
5.1殻付きピーナッツにする
5.2糖質を控えめにする
5.3少しの運動も取り入れる

6.まとめ


1.ピーナッツでダイエットができるの?

ピーナッツというと、太るイメージがある人も少なくないでしょう。そのため、ダイエット中はピーナッツを食べるのを避けているという人もいると思います。

そんなピーナッツですが、美容や健康によいとして食べている人もいます。けれどもピーナッツを食べることでダイエットになるというのは本当なのでしょうか?

1.1高カロリーなイメージのピーナッツ

ピーナッツは高カロリーだから食べ過ぎないように気をつけている人も多いです。後で具体的に紹介しますが、ピーナッツは実際にカロリーが高く、そのカロリー故に食べて痩せるといった想像はしにくいです。

ダイエット中に進んで高カロリー食をバクバク食べる人はなかなかいませんよね。けれども実際に高カロリーなピーナッツを食べて痩せるメカニズムがあるんです。

 


2.ピーナッツダイエット、ここが気になる!

ピーナッツを使ったダイエット方法があるとは言っても、気になる点は色々とあると思います。ピーナッツでダイエットをしようと思ったときに出てくる疑問点を解消しておきましょう。

ピーナッツダイエットで気になる3つのポイントを紹介します。

 

2.1やっぱりカロリーが高い

ピーナッツのカロリーは1粒あたり約3kcalとされています。一般的にカロリーは100gあたりで表しますが、100gだと約560kcalになります。

ポテトチップスで考えてみると、同じ100gのカロリーが約550kcalですので、ほとんどポテトチップスと変わりません。

また、このピーナッツのカロリーはそのままの状態のカロリーです。ここからバターで炒めたり、チョコでコーティングするなどちょっと手を加えられるとさらにカロリーが高くなります。

ただ、ピーナッツが大好きな人ならいざ知らずなかなか100gの量のピーナッツを一度に食べることは少ないでしょう。ピーナッツは少量をつまむ程度のことが多いですから、実際に100gあたりのカロリーを一度に摂るわけではありません。

とはいっても、少量を食べた時でもそれなりにカロリーを摂取してしまうのは事実です。

2.2ニキビができやすいのでは?

よくピーナッツを食べるとニキビができると言われることがあります。思春期などはニキビができやすいですから、ピーナッツをたくさん食べていると親などから「ニキビができるよ」と言われた経験がある方もいるかもしれません。

けれども結論から言えば、ピーナッツ自体がニキビの原因になることはありません。

ピーナッツ自体には、ビタミンなどが豊富でむしろ肌の調子を整えてくれる成分が豊富に含まれています。それなのにどうしてピーナッツを食べるとニキビができるなんて言われてしまうのでしょうか?

おそらく、おつまみとして売られているピーナッツなどは加工されているピーナッツが多いためと考えられます。追加でオイルで炒められたものだったり、塩分が加えられたものだったりすると、それがニキビの原因になっていると考えられます。

2.3ピーナッツバターや加工品はやっぱりダメ?

一概にピーナッツの加工品はダメとは言えません。

ピーナッツがダイエットに良いと言われても、ピーナッツ自体をそんなに食べられないという人もいます。また加工品のピーナッツがダメと言われてしまうと、美味しくピーナッツを食べられないと感じる方も多いでしょう。

後でも紹介しますが、一番いいのは素焼きなどの味や手をほとんど加えていないピーナッツが、ダイエットに向いています。

けれどもそれが好きではないのに我慢して食べるのはしんどいですよね。しんどいダイエットはいくら食べるだけとは言え、続けていけません。

そこで加工品の中でもピーナッツと同じようにダイエット効果が期待できるものを紹介します。それがピーナッツバターとピーナッツのスナック菓子です。
・ピーナッツバター
ピーナッツバターがOKといっても、全てのピーナッツバターが大丈夫というわけではありません。ピーナッツバターの中でも甘みのないものを選んでください。

日本で売られているピーナッツバターは甘みも粘性も強く、いかにもダイエットには不向きなものが多いです。けれどもアメリカなどで売られているピーナッツバターは、砂糖などの甘味がほとんどないものが多く、無添加のものが多いです。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket