大豆ダイエットの効果と正しい方法またおすすめのレシピ等についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

大豆ダイエットを皆さんご存知でしょうか?

数あるダイエット方法の中でも特に今注目を集めているのが大豆ダイエットです。そこで、今回は大豆ダイエット関する効果や正しい方法またおすすめレシピ等についてわかりやすくまとめてみました。是非ともこれからダイエットに取り組もうとお考えの方には、必見の内容となっていますのでご一読ください。

目次一覧

⒈大豆ダイエットのやり方について
⒈1大豆ダイエットとは?
⒈2大豆ダイエットの方法について
⒉大豆ダイエットの効果とは?
⒉1代謝改善効果
⒉2便秘解消効果
⒉3食欲抑制
⒊大豆ダイエットのおすすめレシピは?
⒊1アボガドの大豆クッキー
⒊2大豆イソフラ丼
⒊3大豆のキャラメリゼ
⒋大豆ダイエットは食べ過ぎ危険!?
⒋1大豆ダイエットのやり方いろいろ
⒋2大豆をダイエットに活用するメリット
⒋3大豆は食べ過ぎ危険!ダイエットをする上で注意した方が良いこと
⒌大豆ダイエットを成功させる為には?
⒌1大豆のカロリー
⒌2大豆を食べる時の工夫
⒍大豆をおやつ代わりにして痩せる?
⒍1大豆は1日にどのくらい食べていいの?
⒍2大豆は食べ過ぎたら太ります
⒍3大豆は取り方次第で太らない
⒎ダイエット中でも太らないお菓子の選び方とは?
⒎1太らないお菓子の食べ方
⒎2ダイエット中でも安心!おすすめのお菓子
⒎3ダイエット食品!コンビニのおすすめ商品!
⒏まとめ

⒈大豆ダイエットのやり方について

⒈1大豆ダイエットとは?

大豆ダイエットとは、今の食生活に大豆をプラスする事で行うダイエット方法となります。ダイエットと言うとやはり食事制限を強いられるダイエットをイメージしがちです。

確かに食事制限をするダイエットがとても増えています。あとは一定のものをひたすら食べるダイエットも多いのではないでしょうか。こういった偏ったダイエット方法は体重こそ減量出来ても全く健康的ではないものが殆どです。

痩せても肌や髪にツヤが無くなった、体調を崩しやすくなった。それではせっかく綺麗になるためのダイエットでも意味がありません。そんな中、大豆ダイエットは今の食事を減らすどころかむしろプラスするというダイエット方法なので、健康的で更に女性ホルモンを活性化させて綺麗になれる一石二鳥のダイエット方法です。

⒈2大豆ダイエットの方法について

大豆ダイエットのやり方とは簡単に言えばいつもの食事に大豆を追加するというもの。しかし、いざ追加するとなるとどうすれば良いかわかりません。大豆ダイエットと大きく言ってしまうとやり方は沢山あります。納豆ダイエットや豆乳ダイエット等を聞いた事があるという方も多いかと思いますがこれらも大豆ダイエットのうちの一つとなります。

なのでやり方は実はあまり決まっていなく、自分が続けやすい大豆の取り方が一番となるのです。オススメは食事の際は必ず味噌汁を用意するというもの。これは日本食の定番ですので、ダイエット前から食事に取り入れられているご家庭は多いですよね。あとは大豆の煮付けや納豆、豆乳をコップ一杯等食事の際に追加するようにしましょう。

注意していただきたいのが、大豆を摂りすぎないこと。大豆に含まれるイソフラボンには1日の摂取量が決められています。極端な話、食事の全てを大豆料理にしてしまうと過剰摂取になってしまいますので、人によっては女性ホルモンのバランスを崩してしまったり、体調を崩してしまう可能性があります。

無理せず自然に大豆料理を取り入れていく事、そしてそれを継続していく事がこの大豆ダイエットの成功の秘訣です。

⒉大豆ダイエットの効果とは?

⒉1代謝改善効果

ダイエットは代謝をアップさせることが欠かせません。食べたものを効率良く消費し、脂肪を燃焼させなければ痩せることはできません。そのためには運動をして脂肪を燃焼したり、脂肪燃焼を助ける成分を摂取したり、体温を上げるなどの方法が不可欠です。

筋肉を作るタンパク質が不足したり、身体を冷やすものばかり食べたりしていると脂肪燃焼は望めません。しかし、それを大豆に含まれる豊富な栄養素で補うことができます。

大豆に含まれる大豆たんぱく質、ビタミンB群、大豆イソフラボンという成分は糖質や脂質をエネルギーに変えて代謝を高める働きがあります。普段の食事にプラスして取り入れるだけで、高いダイエット効果が期待できます。

⒉2便秘解消効果

便秘になったり宿便が腸に溜まったりするとガスが発生して、お腹がポッコリしてしまいます。すると肥満を加速させる菌が腸に住み着いてしまい、痩せにくい身体になってしまいます。

そこで役立つのが大豆に豊富に含まれる食物繊維やオリゴ糖です。これらの成分は便通を良くし、腸の中をスッキリとキレイにしてくれます。特にオリゴ糖は腸の働きを活発にさせる善玉菌の餌となるため、善玉菌を増やす効果があります。

⒉3食欲抑制

大豆は少量でも満腹感を得られやすく腹持ちが良い食品です。また、よく噛んで食べると満腹中枢が刺激され、もっと食べたいという食欲を抑制することができます。ダイエット中はどうしても、もっと食べたいという欲が出てしまいます。それを防ぐためには、大豆を食事に取り入れることが効果的だとされています。

⒊大豆ダイエットのおすすめレシピは?

⒊1アボガドの大豆クッキー

お子様にも大人気のアボガドの大豆クッキーです。簡単ですので是非とも作ってみてください。
【材料 (鉄板1枚分)】
・アボカド:1個(100g前後)
・エリスリトール:40g
・卵黄:M約1個分
・レモン汁:小さじ1/2杯
*大豆粉:40g
*アーモンドパウダー:20g
*ベーキングパウダー:3g
※エリスリトール:適量

【作り方】
①(準備)計量を先にすべて済ましておくこと。
②アボカドを粗めに潰し、エリスリトールを加え良く混ぜ、卵、レモン汁を加え良く混ぜる。
③ふるっておいた粉を加え混ぜる。
④アーモンドスライスを加え、良く混ぜる。

⑤ラップにだしひとかたまりに固めしっかりと形を整え、回りに※のエリスリトールをまぶす。冷蔵庫で15分寝かせる。
⑥3ミリほどの薄さにカットして並べる。崩れてしまったものは丸くまとめ3ミリの厚さにカットしたもの上丸めて潰したものを準備する。
⑦160度に余熱したオーブンで12分焼く(オーブンによって異なるので加減する)
⑧焼き上がったらそのままひやす。

⒊2大豆イソフラ丼

こちらは、一番ヘルシーでおすすめのイソフラ丼です。ダイエット中には、是非ともチャレンジして欲しい一品です。
【材料 (一人分)】
・ごはん:200g
・とうふ:半丁
・納豆(タレつき):1パック
・ネギ:適宜

【作り方】
①納豆をよく混ぜておきます。タレは入れません。
②器にごはんを盛ります。
③とうふを手で崩しながら、ごはんの上に乗せます。
④冷たいのがイヤな人はラップをしてレンジで温めてください。(500W1分ぐらいがちょうど良いです)
⑤納豆を乗せてタレを回しかけ、ネギを散らして出来上がりです。

⒊3大豆のキャラメリゼ

こちらもお子さんに大人気のおやつです。作り方も簡単でお手軽できますので是非ともチャレンジしてみて欲しいです。
【材料】
・水:40cc
・甘味料 (ラカント、きび砂糖等):50g
・煎り黒豆好きなだけ
・煎り大豆好きなだけ


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket