登山の消費カロリーはダイエットにはまあまあ!?それより無理な登山は命に影響も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

登山によるダイエットがあるのをご存知ですか?

登山って山を登ってくるだけでしょ!?トレッキングってやつ!?それってダイエット!?

そんな意見も聞かれそうですが、実はすごいダイエット効果があるのです。

カロリーの消費量もかなり多いですし、個人差もありますが、長時間続けるものでもあるため、たった1日で体脂肪が激減する場合もあります。

さらには爽快感を味わえることすらあるんです!

しかし、そこには、思わぬ落とし穴も待っています。

ここでは、登山による消費カロリーについてその他の運動との比較やその危険性などにも言及しながら紹介していきます。

目次

1.登山による消費カロリーはダイエット向き?登山は安全が第一なのを忘れずに!
2.登山の消費カロリーはどれくらいなの?
2.1 けっこうキツい登山のエネルギー消費は?
2.2 意外と食べちゃう登山は摂取カロリーもあるんです
2.3 登山はダイエットとして行うには危険かも!?
3.登山以外の消費カロリーはどれくらい!?
3.1 まずはウォーキングと比較
3.2 ジョギングとランニングは
3.3 水泳は実は一番かも
3.4 ボーリングやゴルフなどの娯楽系は?
4. 登山の消費カロリーにばかり目を向けると危険かも!?
4.1 グリコーゲンには気をつける
4.2 脂肪はエネルギー転換が悪い
4.3 登山では体内の脂肪を考える
5.まとめ

1.登山による消費カロリーはダイエット向き?登山は安全が第一なのを忘れずに!

みなさん登山の消費カロリーが、どれくらいなのか考えたことはありますか?

実は思いのほか、多いのです。

ここでは、登山の消費カロリーの多さをまずは紹介するのですが、登山の思わぬ落とし穴である物理的な危険性と肉体的な危険性についてもあわせて紹介し、賢く登山によりカロリーを消費していく方法を提案していきます。

 

2.登山の消費カロリーはどれくらいなの?

2.1 けっこうキツい登山のエネルギー消費は?

登山の消費カロリーが結構多いということをみなさんはご存知ですか?

もちろん、登山をしている人はかなり体力を消耗しているのでご存知かもしれませんが、あまりしたことない人はどれくらい体力を消耗しているか想像できないかもしれませんね。

なにせ景色などを楽しめるけど、かなりキツイのが登山の醍醐味です。

それゆえに達成感も格別なものがあるのです。

ですので、登山をしたことのある人は、体力をかなり使うのだから、ダイエットに効果がありそうって、考えるのは当然です。

事実、登山をすると脂肪を燃焼する効果はかなりあります。

果たしてどれくらいのカロリーを消費するのでしょうか?

登山による消費カロリーは、一般的に以下の計算式で求められるそうです。

体重(㎏)×行動時間(h)×5

ただし、一般的な登山道を標準的なスピードで登り降りしてきた場合

行動時間には1時間につき10分の休憩を含む

つまり、体重50㎏の人が8時間の行動をした場合には、50(㎏)×8×5=2000kcalとなります。

もちろん、登る山の難易度やもっている荷物や、天候条件などによっては、さらに消費カロリーは多くなるでしょう。

いずれにしろ、これだけ大量のエネルギーを消費できるので、脂肪の燃焼も当然期待できますよね。

2.2 意外と食べちゃう登山は摂取カロリーもあるんです

ここが登山によるダイエットが難しいポイントです。

登山は摂取カロリーもかなりあるということを覚えておきましょう!

登山前に行動開始前にちょっとしたおにぎりとフルーツジュース、登山中にもおにぎりを2、3個食べたとすると、以下のような摂取カロリーになります。

登山前:おにぎり200kcal+フルーツジュース100kcal=300kcal

登山中:200kcal×2 or 3=400 or 600kcal


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket