「腸内環境」の改善が健康増進のカギ!その方法をご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

人間、生きていくうえで「脳」が大切、というのはすぐに理解できます。それは私達の体全身に影響をしているからです。そして実は、何と「腸」は「第二の脳」とも言われる臓器なのです。「腸」は沢山の情報を脳に送っており、一方脳からの指令がなくても自分で動くのです。


「腸」は「腸神経系」と呼ばれる独自の神経系を持ち、この神経系の働きによって脳からの指令がなくても自活できます。心臓でも脳の指令なしでは動けないと考えると、「腸」の能力は凄いですね。
実は最近、腸内環境というものにに注目されています。言われてみれば、「第二の脳」とも言われる「腸」の環境を良くしない手はないですね。

今回は、「腸内環境」の改善に注目し、その方法について考えていきたいと思います。

 

《目次》

1.「腸」とは?
1-1 「腸」の働き
1-2 「腸」が体全体に与える影響

2.「腸内環境」ってなに?
2-1 「腸内環境」とは?
2-2 「腸内環境」はどうすると改善される?

3.便秘とは?
3-1 苦しい便秘がひどくなると?
3-2 便秘と腸内環境の関係

4.「腸内環境」を良くするとどうなる?
4-1 「腸内環境」改善の効果
4-2 「腸内環境」改善の体全体への影響

5.「腸内環境」改善を睨んだ「青汁」の効果
5-1 「青汁」とは?
5-2 なぜ「青汁」で「腸内環境」が改善するか?

6.「青汁」を飲んで「腸内環境」改善を目指そう!
6-1 お勧めの「青汁」ご紹介

 

1.「腸」とは?

「腸」といいますと、単に食べ物の消化経路の一つ、くらいに考えられている方も多いのではないかと思いますが、冒頭にも書きましたように、「腸」は「第二の脳」とまで言われるほど、体にとっては非常に重要な働きをしています。

まずそのあたりを見ていきましょう。

ダウンロード

1-1 「腸」の働き

「腸」は、植物でいいますと言わば「根」の部分にあたります。つまり、「腸」が悪いということは、体の全てに影響することになります。

「腸」には大きく8つの役割があります。それは消化、吸収、合成、代謝、解毒、造血、排泄、免疫というものです。各役割をそれぞれ簡単に説明していきましょう。

消化: 食べたものは、実は胃での消化よりも腸での消化の方が比重が大きいのです。また、腸内の細菌は、消化を改善したり、消化管から分泌される酵素では消化できないものを分解したりもします。

吸収:人間が生きていく上で最も必要な栄養素は、腸で吸収されます。

合成:ビタミンB2、B6、B12、K、葉酸、パントテン酸、ビオケンなどを合成する細菌の存在が確認されています。また、腸内細菌によって合成される酵素の種類は、肝臓で作られる酵素の種類よりも多い、という説もあります。

代謝:腸は体の状態に合ったように栄養を吸収しています。正常な代謝の割合は、入りが6で、出が4、となっていますが、この代謝バランスが狂うと、血清異常、血液障害になる恐れが出てきます。

解毒:腸の中に入った毒を無毒化します。腸の解毒作用が低下すると、肝臓・心臓・呼吸器系・皮膚・鼻などに障害を与える原因となります。

造血:腸から吸収されたたんぱく質で血液が作られます。(余談ですが、よい血液を作るには、最低6時間の睡眠が必要、と言われています。)

排泄:不要な老廃物と、毒素を便として体外に排泄します。

免疫:腸に棲みつく乳酸菌の分泌物(ペプチドグリカン)が腸から吸収され、免疫力を高める活性物質となります。免疫力が弱まると、ガン・リウマチ・アトピーの原因となります。

1-2 「腸」が体全体に与える影響

上記でお分かりのように、「腸」には、人間が生きていくための沢山の重要な役割があります。「腸内環境」の乱れは、体に様々なさまざまな影響を及ぼし、時には思いもよらないような病気の引き金になってしまうこともあるのです。

まず、「腸内環境」が乱れると、消化・吸収が十分に行われなくなります。そのため、せっかく食べ物から摂取した栄養が体に吸収されずに、栄養不足状態に陥ってしまいます。そのため、ほかの臓器の働きも弱まり、疲労が回復されずに常に体がだるいような状態になります。

次に、排泄機能も弱まるため、便秘を引き起こします。便秘によって腸内に蓄積された老廃物はいずれ有毒なガスを発生させるようになります。これが血液に乗って体内をめぐり、ほかの内臓環境までも悪化させ、顔に届けばニキビや肌荒れなどの肌トラブルを引き起こします。

便秘は、新陳代謝の乱れの原因にもなりますので、肌荒れが治りにくくなったり、太りやすくなったり、といった影響も出てきます。さらに便秘は自律神経にも影響するため、身体の健康だけでなく、心の健康にまで悪影響を及ぼしてしまうのです。

次に、腸には免疫細胞が集中しているため、「腸内環境」が悪化すると、この免疫細胞もどんどん消耗していき、ついには免疫力が低下します。そのため、アレルギーを発症しやすくなったり、様々な病気にかかりやすくなったりします。

次に解毒作用ですが、体内で主に解毒を担っているのは肝臓であるものの、「腸」も実はそのサポート的な働きをします。したがいまして、「腸」で解毒が行われることによって、肝臓の負担が軽減されているのです。「腸」の解毒が正常に働かなくなれば、肝臓の負担が増大し、肝臓の機能にまで影響を及ぼします。

このように、「腸内環境」の悪化は、腸だけでなくほかの臓器にまで影響し、さらには健康だけでなく美容やメンタルにまでかかわってくるのです。

漠然と体の不調を感じたら、それはもしかしたら「腸内環境」の悪化が原因かもしれません。ただの一消化器官だと甘く見ずに、普段から「腸」を気遣った生活を心がけることが大切です。

2.「腸内環境」ってなに?

「腸」の重要性はお分かり頂けたと思いますが、では、そもそも「腸内環境」とは何なのでしょうか。また、どうあるべきなのでしょうか。このあたりを見ていきたいと思います。

Perfect beautiful body of young girl , isolatedon a white background

Perfect beautiful body of young girl , isolatedon a white background

2-1 「腸内環境」とは?

「腸内環境」とは、主に大腸内部の環境のことをいいます。この大腸内部の状態が、私たちの健康を維持するのにとても重要な役割を担っているのです。

大腸は、医学的には6つの部位に分類され、小腸から繋がる盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸までの、5つの部位(総称して結腸と呼ばれます)と肛門に繋がる直腸により、構成されています。

大腸は食物の消化、吸収をする過程の中で、特に糞便を作りだす役割を担っています。口から摂取した食べ物は、胃や小腸を通り抜ける間に、粘性のある液状に変わり、大腸で内部の水分が吸収されて固まり、糞便に変わっていくのです。大腸を通り抜けた糞便が直腸に達すると、神経が刺激されて便意を催し、直腸から糞便が送りだされます。

さて、肝心の「腸内環境」ですが、よい「腸内環境」とは、必要な腸内細菌が絶妙にバランスされた状態、のことを言います。

大腸内部には、非常に多くの腸内細菌が生息していて、その種類は数百種類、数は数十兆個から100兆個に上ると言われています。それらは、腸の壁を覆い尽くすように集まっており、その様子が花畑に見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれています。


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket