インスリンダイエットで激やせ!!ブドウ糖をコントロールして簡単ダイエット!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

インスリンダイエットを知っていますか?

今話題のダイエット法です。

何か難しい感じがしますが

決してそうではありません。

ちゃんと理解すればスゴイ効果が現れます!!

今回は、そんなインスリンダイエットのやり方を

分かりやすく解説します。

もうダイエットに悩むことはありません

目次

1、インスリンとはそもそも何?

1-1インスリンとは

1-2インスリンの作用とは

2、インスリンダイエットについて

2-1インスリンダイエットの方法

2-2インスリンダイエットの効果

3、GI値とは―グリセミックインデックス―

3-1GI値が高い食べ物

3-2CI値が低い食べ物

4、インスリンダイエットのメリット

4-1メリットはこれ

4-2より効果的にする

5、インスリンダイエットのデメリット

5-1デメリットはこれ

5-2デメリットを少なくする

6、ダイエット成功させるコツ

6-1まず計画を立てよう

6-2あせらず気長に

7、インスリンダイエットを考える

7-2最後にひとこと

1、インスリンとはそもそも何?

1-1インスリンとは

インスリンとはすい臓のランゲルハンス島にあるβ細胞で作られ

主に炭水化物の代謝を調節するホルモンです。

食事によって血糖値が上がると、β細胞が刺激されインスリンが分泌されます。

分泌されたインスリンは血糖値を安定させる作用をもちます。

1-2インスリンの働き 

インスリンの主な働きは次のようなものです。

*体の全身のほぼすべての臓器細胞にブドウ糖を取り込ませます

*肝臓や筋肉でブドウ糖からグリコーゲンを合成されるのを促進します。

*貯蔵されているグリコーゲンが分解されるのを抑制します。

*脂肪が脂肪組織で分解されるのを促進し、脂肪の分解を抑制します。

2、インスリンダイエットとは

2-1インスリンダイエットの方法

インスリンダイエットはインスリンの働きを利用することです。

インスリンは取り込まれたブドウ糖全部を最初に燃焼させようとします。

加えて余った分を脂肪細胞に貯めこむことで脂肪が増えることになります。

つまり元々ある脂肪は燃焼されることにはならない訳です。

これではダイエットにおいて大きな障害となります。

 

そこで考えられたのが、ブドウ糖をゆっくりと吸収させればいいのではないかと言う事です。

食品によってはブドウ糖の吸収スピードが遅いものがあります。

吸収が遅くなるとインスリンの分泌量も少なくなり脂肪の取り込みも減ります。

 

そういった食べ物を優先的に食べることで、脂肪を取り込み貯蔵される前に

貯まっていた脂肪を先に燃やしてしまおうと言うのが

インスリンダイエットの目的・方法になります。

3、GI値とは―グリセミックインデックス―

3-1GI値が高い食べ物

食べ物によって血糖値の上昇するスピードは違います。

そのスピードを計ったものが「GI値」です。

ブドウ糖を摂取した時の血糖値の上昇率を100として    

相対的に表されています。

血糖値の上昇スピードを抑えることで、インスリンの過剰分泌を抑制

結果脂肪の蓄積を防ぐことになります。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket