青汁とサプリはどっちが効果あり?違いを比較・口コミで検証21選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

健康を考えたときに、一番最初に思い浮かべることってどんなことですか?

その答えは、きっと「食事」になるのではないでしょうか?

人の体は、食事からできているといっても過言ではなく、他には水分や太陽の光、睡眠
をしっかりとることで、健康を維持することができると言えるでしょう。

しかし、良質の食事を毎日しっかり食べるというのは、実はとっても難しいことなんです。

忙しい朝は、食事をとらずに仕事に出たり、夜は遅くに帰っり適当に食事を済ましてそのまま寝てしまう…
という生活をしている人は、今の日本の代表的な生活スタイルといってもいいかもしれません。

そんな時は簡単に摂取できる「青汁」が、健康を素早くサポートしてくれるとあり、大変人気を集めています。

そして、化学の力で作られている「サプリ」も、健康のサポートに大変役に立っています。

今回は、その「青汁」と「サプリ」の比較をして、どちらのほうが効率よく健康をサポートしてくれるかを検証していきます。

また「青汁サプリ」の魅力も併せてご紹介していきます。

※「青汁」と「サプリ」の比較は行いますが、個人差や好みがありますので予めご了承ください。

➡目次

1.青汁とサプリの違いって何?
1.1青汁にはどんなタイプがあるの?
1.2サプリにはどんな種類があるの?
1.3青汁VSサプリ!比較をしてみた!

2.青汁とサプリの比較した口コミをご紹介!
2.1青汁派な口コミ
2.2サプリ派な口コミ

3.青汁ゴーヤ
3.1ゴーヤと大麦若葉のコラボがすごい!
3.2不調を整えてくれる優れた効能を発揮する
3.3青汁ゴーヤを飲んだ人の声
3.4価格について

4.キューサイの青汁
4.1ケールのみで勝負する自信作!
4.2花粉症対策にも効く効能に注目!
4.3キューサイの青汁を飲んだ人の声
4.4価格について

5.体内美人青汁粒
5.1こだわりの無添加国産ケールを使用!
5.2栄養不足の体にガツンと効く!
5.3体内美人青汁粒を飲んだ人
5.4価格について

6.ステラの贅沢青汁
6.1長命草・クロレラ・ケールの3大スーパーフード!
6.2抗酸化作用のおかげで血液サラサラ!
6.3ステラの贅沢青汁を飲んだ人
6.4価格について

7.まとめ

 

1.青汁とサプリの違いって何?

green-456839_960_720

戦後の飽食の時代から70年が過ぎ、現代では食に溢れかえり食べることに事欠かさない時代トなっています。

しかし、現代の方に見られる「栄養失調」が、申告な問題となっていることをご存知でしょうか?

食べることに事欠かさないというのに、なぜ栄養失調に陥ってしまうのか?

それは、食の欧米化に伴い、新鮮な野菜や魚、肉を食べる機会が少なくなってきている現実が起こしている、恐ろしい現代病なんです。

加工食品やインスタント食品で食事を済ませる人が多く、お子さんまでもがその影響を受けている世の中になりつつあります。

その現状を打破すべく救世主が、今回ご紹介する「青汁」と「サプリ」なんです。

実は、巷で「青汁派」と「サプリ派」に分かれている意見もあり、どちらの効果が良し悪しなのかを討論する口コミサイトまで存在するまでに至り、健康をどのような形で摂取しているかを共有されたい方が多く存在しています。

今回は、そのような方のために「青汁」と「サプリ」を比較し、メリットやデメリットを検証してみることにしました。

個人差はありますので、予めご了承ください。

1.1青汁にはどんなタイプがあるの?

青汁といっても、さまざまなタイプが販売されており、原材料から製法、価格、使用方法と千差万別となっています。

その中から、ご自身にあった青汁に出会うには、お試しなるセットを注文して体感しながら決めて行くのがべストですよね。

しかし、すべての物をお試しになるには、お金も時間もかかってしまい、健康を維持するどころか余計な労力をかけてしまい、マイナスになってしまいます。

ここでは、ざっくりと青汁のタイプをご紹介していきイメージを立ててもらいます。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket