青汁は不味い!ゼリー状で美味しく取れるUMIウェルネスの「青汁」に注目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

働き盛りの20代、30代を襲う、ストレス、疲れやすさ、肌のカサカサ、お腹がスッキリしない感覚、皆様も覚えはありませんか?

その原因の多くは、実は「野菜不足」からきていることが多いのです。野菜には食物繊維を始め、ミネラルやビタミンなどの多くの栄養素が含まれており、1日350g摂取することが厚労省で推奨されています。

しかし、食べ物から日々350gの野菜を摂取することは大変です。そこで、「青汁」の活用が昨今注目されています。「青汁」には、食物繊維やミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。

でも、「青汁」というと苦くて不味い飲み物、というイメージがありますね。そこで今回は、ゼリー状の摂取し易い「青汁」を販売している「UMIウェルネス社」に注目し、「青汁」の摂取のし易さや、その効果を見ていきたいと思います。

 

《目次》

1.「青汁」とは?
1-1 「青汁」の成分
1-2 「青汁」の体への効果

2. 「青汁」はなぜ続けにくいか?
2-1 「青汁」の飲みにくさ
2-2 「青汁」継続摂取の効果について

3. ゼリー状の「青汁」について
3-1 焼津水産化学工業(株)について
3-2 UMIウェルネス社について

4. 「青汁」の商品について
4-1 各社の「青汁」商品について
4-2 ゼリー状の「青汁」の優れている点

5. UMIウェルネスの「青汁」について
5-1 商品のご紹介
5-2 効果について

 

1.「青汁」とは?

昨今の健康ブームの中で、「青汁」を飲む、ということが大変注目されているのはご存知だと思います。「青汁」というと、皆さんはどんなイメージを持たれますか?健康増進に役立つ、でもとても飲みにくい、など様々でしょう。

そこでまずは、「青汁」そのものの正体をきちんと見ていきたいと思います。

image

1-1 「青汁」の成分

ひとくちに「青汁」と言いましても、実は様々な原材料から出来ています。主流なのは、ケール、大麦若葉、明日葉などとなりますが、いずれにも共通して含有されている成分があります。

様々な種類の成分が豊富に含有されており、有用性が高いと言われている理由でもあります。具体的には、大きくわけると、ビタミン・ミネラル・食物繊維といった栄養素が特に豊富に含まれます。どの成分も体に良いとされていますが、ここでは、ビタミン、ミネラル、食物繊維について、もう少し見ていきましょう。

・ビタミン

「青汁」には、ビタミンC、ビタミンB、ビタミンAが豊富に含まれています。

ビタミンCは、抗酸化作用を持った抗酸化物質であり、アンチエイジングに効果があります。さらに、免疫力を高めて風邪やインフルエンザから身体を守る働きも注目されています。

ビタミンBは、疲労回復を促し、睡眠を促したり神経機能を正常化させます。また美容に大きな影響を与え、脂肪の燃焼を促し、皮膚を作り出す機能があります。

ビタミンAは、昨今では癌の発生率を抑える効果があることがわかってきています。また視力に関係するものが多く、夜間の視力を向上させるなどの作用を持っています。

・ミネラル

ミネラルが不足しても身体に負担がかかり、一方過剰な摂取にも特に注意が必要です。無機質とも言われることがあります。

無機質のうち、十数種類は必須ミネラルと呼ばれており、人間にとって必要不可欠な成分です。「青汁」はこれらの必要量の摂取を効率的に可能にします。

・食物繊維

市販されている「青汁」を見てみますと、大麦若葉、ケール、明日葉、桑の葉などを原料としているものが多く、さらにはゴーヤ、モロヘイヤ、小松菜、ヨモギなどといった原料もよく使用されているようです。

これらにはどんな食物繊維が含まれているのでしょうか。文部科学省が公表している「食品成分データベース」でこれらの食物繊維の量を調べてみましょう。

以下は100g中の量になります。

・ヨモギ:不溶性6.9g、水溶性0.9g
・モロヘイヤ:不溶性4.6g、水溶性1.3g
・明日葉:不溶性4.1g、水溶性1.5g
・ブロッコリー:不溶性3.7g、水溶性0.7g
・ケール:不溶性3.2g、水溶性0.5g
・ほうれん草:不溶性2.1g、水溶性0.7g
・ゴーヤ:不溶性2.1g、水溶性0.5g
・小松菜:不溶性1.5g、水溶性0.4g
・大麦若葉(※):不溶性44.6g、水溶性2.6g
・桑の葉(※):不溶性45.0g、水溶性7.9g

※:山本漢方製薬発表値

以上のように、青汁には食物繊維が豊富に含まれているといって良いでしょう。

1-2 「青汁」の体への効果

1日に350g以上の野菜を摂取しましょう、とよく言われています。これは、前述のビタミンやミネラル、そして食物繊維、カルシウムといった必要な栄養素を摂るために必要な量とされています。しかし、実際に食用としてたくさんの野菜を毎日食べるのは簡単なことではありません。


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket