青汁三昧を飲む前に知るべき27種類の成分を詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

『青汁三昧』は、日々の食生活から摂りにくいビタミンやクリックすると新しいウィンドウで開きます: 野菜をお手軽に摂ることができます。

そのため、生活習慣病や健康が気になる方・忙しい日々で栄養バランスがしっかり摂れていない方・野菜嫌いな方におすすめです。

『青汁三昧』には、「大麦若葉」「ケール」「ゴーヤー」の栄養が含まれており、美味しい抹茶風味に仕上がっているので、老若男女問わず、外出時にもお手軽に摂ることができる商品です。

1日2杯で栄養補足ができる『青汁三昧』について、主原料や成分などを詳しく調べたのでご紹介いたします。

 

目次

  1. 青汁三昧と他商品とのさまざまな違い

1.1.青汁三昧とは?
1.2青汁との違いは?
1.3.青汁三昧ライトとの違いは?
1.4.緑効青汁との違いは?

  1. 青汁三昧の成分と栄養素は何を使用しているの?

2.1.1日に必要な野菜を2杯で90%カバーできる!
2.2.還元麦芽糖水飴、甘味料が入ってる
2.3.発売当初の大麦若葉、ゴーヤ、ケールは中国産だった

  1. 青汁三昧をおすすめする3つの理由

3.1.飲みやすくて、お手軽な価格
3.2.便秘や野菜不足に最適!
3.3.健康維持や生活習慣病の対策ができる

  1. 美容や健康に様々な効果が期待できる

4.1.ダイエット効果がある
4.2.ニキビや肌荒れが治る
4.3.体内の水分量を調整するカリウムも豊富

  1. 青汁三昧をおいしく飲む方法

5.1.牛乳で割って飲むとおいしい
5.2.お酒が好きな方は焼酎で割ってみては?
5.3.青汁三昧で抹茶プリンができちゃう

  1. 青汁三昧を飲むときの注意

6.1.妊娠中の青汁三昧はおすすめしません!
6.2.添加物による副作用に注意
6.3.多量摂取により疾病が治療する可能性がある

  1. まとめ

 

  1. 青汁三昧と他商品とのさまざまな違い

クリックすると新しいウィンドウで開きます:

青汁には、さまざまな種類がありますが、『青汁三昧』は1社でのみ提供しております。

主に味が青汁よりおいしくできており、飲みやすくなっています。

おいしく飲めて健康にも良いので長く飲み続けことができるのでおすすめです。

1.1.青汁三昧とは?

『青汁三昧』は、大麦若葉、ゴーヤ、ケール、β-カロテン、カルシウム、葉酸、鉄分、カリウム、マグネシウム、ビタミンC、食物繊維、ビタミンB1などの27種類が含まれてます。

成人の1日あたりの野菜摂取目安量は350g以上と言われており、普段の食事で摂取することはとても難しいことですが、『青汁三昧』を1日に2杯飲むだけで1日に必要なビタミンCの90%をカバーすることができます。

1.2青汁との違いは?

『青汁』は、目的に合った青汁を選ぶことできます。

美容や脂肪燃焼作用に良いと言われているカルコンを豊富に含む青汁や、国産野菜100%を使用していて余分な食品添加物の配合がない青汁など種類が豊富です。

『青汁』=不味いという印象を持たれている方もたくさんいらっしゃいるかと思いますが、現在は美味しい青汁もたくさん販売されており、自身の体に合った『青汁』をお選びいただけます。

1.3.青汁三昧ライトとの違いは?

『青汁三昧』と青汁三昧ライトの違いは、【人口甘味料】が使われているかどうかだけです。

成分は『青汁三昧』と同じとなっており、「大麦若葉」「ケール」「ゴーヤ」といった素材が含まれてます。

『青汁三昧』は、人口甘味料が使われているため、砂糖が入っているような甘さになっています。

青汁三昧ライトには人口甘味料が含まれていないため、人口素材が嫌いな方には青汁三昧ライトがおすすめです。

1.4.緑効青汁との違いは?

『緑効青汁』には、乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖の素材が含まれており、大麦若葉が主原料の青汁です。

「不溶性食物繊維」や「ミネラル」などが豊富な「大麦若葉」を独自の技術により粉砕していて優秀な青汁です。

『青汁三昧』は、1箱(60包)×3箱で9,000円ですが、『緑効青汁』は1箱(90包)で9,980円なため、『青汁三昧』のほうがリーズナブルな価格です。

  1. 青汁三昧の成分と栄養素は何を使用しているの?

クリックすると新しいウィンドウで開きます

『青汁三昧』の素材には、農場で栽培した野菜のみをしており、採れたての状態で粉末化してます。

また、残留農薬検査や放射性物質などの検査を経ております。

さらに最終的に人の眼によるチェックも実施しており、厳しい基準にクリアしたものだけを出荷しているので安心品質です。

具体的な原材料は以下が使われております。

・還元麦芽糖水飴
・難消化性デキストリン
・大麦若葉粉末
・ゴーヤー粉末
・ケール
・ビタミンC
・ナイアシン
・パントテン酸Ca
・甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)
・ビタミンB6
・ビタミンB2
・ビタミンB1
・葉酸
・ビタミンB12

1杯でこれだけの栄養素が補えれるので、「うれしい」と口コミでも多くの方がそろえて言ってます。

2.1.1日に必要な野菜を2杯で90%カバーできる!

冒頭でもお伝えした通り、成人の1日あたりの野菜摂取目安量は350g以上と言われております。

普段の食事から摂取することはとても難しいことだと思いますが、『青汁三昧』は、1日に必要なビタミンCの90%をカバーすることができ、いつでもサッと手軽に飲むことができます。

粉末となっているので旅行先でも職場でも水で溶かして飲めるのでいつでもビタミンを補給できます。

2.2.還元麦芽糖水飴、甘味料が入ってる

青汁の味では飲めないという方に『青汁三昧』はおすすめですが、甘味料が含まれているため、味を重視するか健康重視をするかで分かれると思います。

普段甘味料を摂取することが多い場合は、『青汁三昧』でも甘味料を摂取することになるので控えたほうがよいのではないでしょうか。

しかし、甘味料が含まれているほうがおいしく飲めるので、お茶感覚で簡単に続けることができます。

2.3.発売当初の大麦若葉、ゴーヤ、ケールは中国産だった

公式ホームページには記載されておりませんでしたが、発売当初の「大麦若葉」「ゴーヤ」「ケール」は中国で栽培しており、日本の静岡県で加工しておりました。

現在もインターネット上では、中国産と記載されている部分はありますが、現在は安全性を重視し野菜を国産に切り替えています。

『ケール』は、広島県世羅産で広島中央部の農村で栽培しており、肥料は広島ならではの牡蠣の貝殻を使用しております。

標高差が大きく、昼夜の温度差も大きいため、『ケール』が肉厚たっぷりに育っています。

無農薬へのこだわりも工夫しており栄養豊富な『ケール』なんです。

『ゴーヤー』は、沖縄県最大の島「渡嘉敷島」で栽培しており、南国の紫外線をたっぷり浴びていて、山の土地は栄養豊富なので、『青汁三昧』には欠かせない栄養素です。

『大麦若葉』は、宮崎県小林産で、霧島山系特有の冷気流が生み出す昼夜の寒暖差と霧島山系のミネラル地下水で栄養たっぷりのところで育った大麦若葉が『青汁三昧』に使われてます。

もちろん無農薬で、育った日に加工しているので鮮度もばっちりです。


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket