青汁のすごい効果・効能。青汁は最高に体に良い飲み物だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

青汁と聞いてあなたは何を期待しますか?

野菜不足の解消ですか?

確かに青汁で野菜不足を補うことはできますね。

しかし、青汁の効果・効能はそれだけではなかったのです。

青汁にはもっと奥深い効果・効能があったのです。

青汁で野菜の栄養を補う。それはもう昔の話です。

今青汁に期待しているのはデトックス効果。

もちろん今でも青汁は不足している野菜の栄養を補う力はあります。

が、その前に体の中の有害物質や老廃物を体外に排出します。

お通じも良くして、腸内もスッキリさせます。

体の中をきれいにお掃除したところで野菜の栄養をたっぷり吸収する。

これが今風の青汁の飲み方です。

さらに青汁にはアンチエイジング効果もあるのをご存知でしょうか。

アンチエイジング・・・ちょっと嬉しい効果ですね。

本当にそんな効果があるの?

ありますとお答えできるその理由の一つに青汁には強力な抗酸化パワー

を持った成分が含まれているのです。

青汁の主成分である大麦若葉にはSOD酵素が含有されています。

この、SOD酵素は老化現象である活性酸素を体から取り除いでくれるという働きがあります。

活性酸素は体を錆びつかせ、シミやシワの原因になると言われています。

活性酸素が増えすぎると細胞まで傷つけてしまう恐れさえあります。

SOD酵素はそんな体の大敵、活性酸素を抑えてくれる嬉しい作用があるのです。

青汁を飲んで美肌になるというのもその辺に理由があるのでしょう。

青汁でマイナス5歳肌が実現できるかもしれません。

他にもいろいろ青汁には体に良い効果があるようです。

『青汁って不味いんじゃないの?』

『青汁なんて飲めない』

とイメージだけで考えているあなた、飲まないと損をすることになりますよ。

今の青汁は味にいろいろと工夫がされていて、とても飲みやすくなっています。

まずは自分に合った味の青汁を探すことから始めませんか?

青汁で若々しく元気な体を手に入れましょう。

mazui

目次

1・  青汁の効能は何?そしてその効果とは?

1−2・ 野菜不足を解消

1−3・ どうして野菜を食べなくてはいけないの?

2・  アレルギーに期待される青汁の効果・効能って?

3・   青汁でダイエット効果

4・   大麦若葉の青汁の優れた効能・効果

5・   青汁に期待する効果・効能は?

6・   青汁の効果・効能がすぐに出ない?

7・   青汁は継続できなければ効果なし

8・   青汁でアンチエイジング効果・効能

9・   まとめ

1・  青汁の効能は何?そしてその効果とは?

青汁を毎日飲むことによってどんな効能があるのでしょうか

そして、その効果とはどの程度のものなのでしょうか。

最も気になるところですね。

今回はその辺のところを詳しくみていきましょう。

まずは青汁には便秘解消の効能があるということです。

便秘になる原因の一つに『食物繊維の不足』が挙げられます。

忙しい朝にはトーストとコーヒーだけで済ませていませんか?

そして、昼食はお勤めの方は限られた昼休み時間にちょっと食べられる簡単なお店で食べる。

あるいはファーストフード店でハンバーガーなどで終わらせてしまうことも多いのではないでしょうか。

そんな生活をしていると、たとえ晩御飯はお家で食べても野菜不足は必至です。

まだ、野菜の煮物やサラダを付ければ良いのですが、それだけでは全く野菜の必要量は足りません。

野菜不足が積み重なって食物繊維が不足すると、体内の老廃物や貯まった毒素を体外に排出できなくなります。

そして、便は体内に長く滞留し、硬くなります。

これが便秘になるといういわれです。

便秘は体の中でいろいろな悪さを引き起こします。

肌荒れの元になりますし、肥満の原因にもなります。

青汁で食物繊維不足を解消し、すっきりとした体にすることが大切です。

青汁を毎日飲むことによる効能・効果とはそうした便秘などの体の不調を治し、

美肌にするというだけにとどまらず、恐ろしい生活習慣病を予防することにもなります。

生活習慣病の主な原因は「血中コレステロール」の上昇によるものです。

食生活が乱れて、その上運動不足の生活が続くとこの「血中コレステロール」の値が上昇し、

血液がドロドロ状態になってしまいます。

その結果、血行不良が起きてさまざまな疾患を招いてしまいます。

こうした悪循環を取り除くためにも食物繊維が大切です。

食物繊維を簡単に取る入れる方法として青汁は優れた飲み物です。

乳酸菌入りやフルーツジュースのような青汁など、今はいろいろな青汁が出回っています。

自分なりに好きな味を見つけて青汁を飲むのも良いでしょう。

青汁

 

 

 

 

 

1−2・ 野菜不足を解消

健康な生活を保つためには1日350グラムの野菜が必要とされています。

ほうれん草や小松菜など緑黄色野菜は100グラムほど、色が白い淡色野菜は200グラム、

芋類は100グラムほどで計400グラム摂れば理想です。

具体的な野菜の量は、ほうれん草なら三分の一把、キャベツ4枚、じゃがいも中1個で400グラムです。

たいしたことはないと思うでしょうが、毎日これだけの野菜を食べるとなるとちょっと大変です。

よほど意識の中に入れておかないとこの量を毎日摂取するのは難しいのではないでしょうか。

その結果、慢性的な野菜不足に陥ってしまいます。

そんな時、青汁がその悩みを解決してくれるのです。

1日1杯飲むだけで350グラムの野菜を知らず知らずのうちに摂ることができます。

コップ一杯の水に青汁を入れて飲むだけ、それだけで良いのです。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket