青汁ダイエットの効果的な方法をご紹介!おすすめ青汁5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

油断をするといつの間にかぽっこりと出てくるお腹。これはまずいとダイエットを決意するけれど、最初の決心はどこへやら、すぐに挫折してしまうという人も多いと思います。ダイエットの方法は世の中に数多くありますが、持続するダイエット法はなかなかないもの。

そこで注目されるのが「青汁ダイエット」です。毎日 一杯飲むだけで健康に痩せられるというこの方法、効果的なやり方について詳しく調べてみました!

目次

1. 青汁でダイエットできる?
1.1ダイエットが続かないのは方法に無理があるから
1.2.青汁ダイエットは飲むだけ
1.3.青汁は栄養が豊富

2. どんな青汁がダイエットに効果的?
2.1.ケール
2.2.大麦若葉
2.3.明日葉
2.4.ゴーヤ

3. 効果的な青汁ダイエットの方法は?
3.1一日一杯飲む
3.2.豆乳で割る
3.3.牛乳で割る
3.4.ヨーグルトを入れる
3.5.野菜ジュースで割る

4. 青汁ダイエットの口コミは?

5. 青汁ダイエットでどんな効果があるの?
5.1.便秘解消
5.2.美肌効果
5.3.安眠効果
5.4.青汁ダイエットの注意点

6. おすすめ青汁5選
6.1.DHC 乳酸菌と酵素が取れるよくばり青汁
6.2.神仙桑抹茶ゴールド
6.3.サンスター粉末青汁
6.4.すっきりフルーツ青汁
6.5.ふるさと青汁

7. その他の青汁のおいしい飲み方は?
7.1.フルーツジュースで割る
7.2.スープに入れる
7.3.蜂蜜を入れる
7.4.レモンを 加える
7.5.スムージーに混ぜる

8. まとめ

1.青汁でダイエットできる?

身体に溜まっていく脂肪は、女性ならずとも悩みの種。脂っこい食生活や生活習慣の乱れ、加齢によっても体重や脂肪の量は増加していきます。

太ることは単にプロポーションが崩れるだけでなく、さまざまな病気を引き起こす原因にもなるのです。例えば動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、脂質異常症などです。

こうした病気のリスクを避けるためにも、なるべくベストな体重をキープする必要があります。それにはまず食生活から見直さなければなりません。肉中心から野菜をできるだけ多く摂る食生活に変える必要があるのです。

と言っても、急に大量の野菜を食べようと思ってもなかなか難しいというのも事実。そこで注目されるのが青汁なのです。

豊富な栄養を簡単に補給できる優れた健康食品と話題の青汁ですが、果たしてダイエットへの効果はどうなのでしょうか。それでは青汁とダイエットの関係について見てみましょう。

1.1.ダイエットが続かないのは方法に無理があるから

ダイエットの方法は青汁に限らず、いろいろなものがあります。運動や食事制限、レコーディングダイエットにお風呂ダイエットなどなど、こまかく数え上げたらきりがないほどです。

しかし例えば、「有名人の○○さんがこの方法でやせた」というダイエット法が誰にでも効果的とは限りません。ダイエットの方法で一番重要なのは、継続できるかどうかという点なのです。

いろいろなダイエット法を試したけど、全部ダメだったという人も多いと思いますが、それは一概に「意思の弱さ」という言葉でかたずけられない問題です。ダイエットが続かないのは、無理な方法を自分に課しているという部分も大きいのです。

ですから、「無理せず自分のペースで毎日続けられる」というダイエット法が一番だと言えます。それでは青汁ダイエットはどうなのでしょうか。

1.2.青汁ダイエットは飲むだけ

無数のダイエット法の大半が続きにくいのは、方法が大変で無理があるからだと述べました。一方青汁ダイエットはその点、「単に青汁を飲むだけ」という方法につきます。過酷な運動や食事制限をすることなく、習慣的に青汁を飲むだけで健康的に痩せることができるのです。

もちろんダイエット効果は人それぞれですし、青汁にもデメリットがないわけではありません。しかし豊富な栄養を含む青汁を毎日飲むことは健康にとってはプラスが多いことですし、食生活に青汁を取り入れることで長期的に体重が改善される可能性は高まります。

「飲むだけ」というシンプルさにおいて、青汁ダイエットは非常に優れたダイエットの方法だという事ができるのです。

1.3.青汁は栄養が豊富

さて、肝心の青汁自体の効能についてはどうなのでしょうか。いくら毎日続けやすいと言っても、中身に効果がなければ意味はありません。

まず青汁の特徴として、食物繊維が豊富であるという点が挙げられます。食物繊維は腸内環境を整え、排便を促すとともに便秘になりにくい体質を作ってくれます。これはダイエットにとってはかなりのメリットと言えるでしょう。

また食物繊維は余分なコレステロールを排出する効果もあります。メタボリックシンドローム予防にも役立つのです。

そしてビタミンCやビタミンE、ビタミンAなど抗酸化作用を持つ成分を豊富に含んでいるので、肌や髪のハリ・ツヤを保つのにも効果的。ただ単に体重を落とすというダイエット法では肌荒れなどを招く可能性もありますが、青汁ダイエットはあくまで健康的にやせることができるのです。

その他にも青汁にはさまざまな効能を持つ成分がたくさん含まれています。ダイエットで健康を犠牲にしたくないという人にとっては、メリットの多い方法だと言えるでしょう。

2.どんな青汁がダイエットに効果的?

gahag-0052166573-1

一昔前は「美味しくないもの」の代表として挙げられるほど、味の評判が悪かった青汁。しかし現在は、さまざまな工夫がほどこされ、かなり飲みやすいものへと改善されています。また味の面だけでなく、原料の種類も多様に進化しているのです。

ここではそんな、青汁に使われているさまざまな原料についてその成分や特徴を見ていきましょう。

2.1.ケール

ケールは青汁の原料としては一番ポピュラーなものでしょう。そもそも青汁は、後の医学博士遠藤仁郎氏が昭和18年に作ったものが最初で、その後昭和29年に戦後の栄養不足を補うため栄養が豊富なケールを原料に選んだという経緯があります。このケール青汁が徐々に全国にひろまっていったのです。

ケールは地中海沿岸が原産の野菜で、キャベツの原種に近い種類です。栄養価は非常に高く、「スーパー野菜」や「野菜の王様」などとも言われるほど。

日本に最初に入ってきたのは江戸時代と言われていますが、食用の習慣はなかなか根付きませんでした。そこへ青汁の原料となったことで、ケールの名前がようやく全国に知られるようになったのです。

ケールの成分としては、以下の様なものが挙げられます。

・食物繊維

・ビタミンC

・ビタミンE

・β-カロテン


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket