唇のかぶれを寝ながら治す!5つの裏ワザで簡単唇パック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

寝ている間に唇ケアを

出典 | Shiseido Japan Co.,Ltd.

唇の皮膚は元々薄いので皮脂腺もほとんどなく、乾燥しやすい箇所でもあります。
そのため唇を舐める回数が多くなり唾液に含まれる、消化酵素と塩分が薄い皮膚を刺激してかぶれの症状として出る場合があります。
唇の皮膚は薄いので乾燥しやすく、少しの刺激で荒れたり、かぶれたりしてしまうことが多いようです。
仕事に家事に育児にと忙しく追われていると、唇などのパーツケアを忘れがちです。
唇もケアが必要ですが、忙しい毎日、つい忘れがちに…。
一日が終わって「今日はもう寝るだけ」という睡眠前のすきま時間に、ぷるるんとした唇を目指すケアを行いませんか?
唇のケアは、寝ている間にしちゃいましょう!簡単唇パックをご紹介します!

1.「はちみつ」で「眠る前」に唇パックする

出典 | 1996-2017 mandom corp.

蜂蜜は、天然の保湿クリームです。
蜂蜜には、肌荒れを整えるビタミンB群やナイアシンが含まれているため、荒れた唇の回復によく効くのです。
唇にははちみつでのケアがおすすめです。はちみつは保湿力も高く、唇の荒れや、かぶれに効く成分が含まれているんです。
(1)ティースプーン半分くらいのはちみつを同量のワセリンと混ぜます。
(2)(1)を唇全体に塗り、その上からラップで覆って、5〜10分ほど置きます。
(3)ラップをはがしたら、ティッシュなどで軽く押さえます。
(4)仕上げに唇にワセリンを塗って、うるおいをガードします。
ラップパックをすることで、はちみつの成分が唇にしっかり浸透します。
後はそのまま眠るだけ! 唇に残ったはちみつが、寝ている間にじっくりと浸透。翌朝にはぷるっぷるの唇が手に入りますよ!
寝る前にはちみつパックをするだけで、荒れやかぶれが治まり、翌朝にはつやつやプルプルな唇になれますよ!

2.オリーブオイル+ラップでパック

出典 | © Business Journal

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、人の皮脂に最も近く、肌トラブルの原因になりやすい乾燥からお肌を守ってくれます。
オリーブオイルは肌なじみがよいので、唇の保湿にも効果は抜群です!
やり方は簡単です。まず、蒸しタオルなどで唇を少しあたためて柔らかくしておきます。
先に蒸しタオルで唇を温めるのがポイント。
そして、いよいよオリーブオイルを唇に塗り、ラップで覆って約10分間大人しく待ちましょう。じんわり温かくなってきたら、ラップをはずして優しく拭き取ります。
拭き取った後も、残った少量のオリーブオイルが唇を寝ている間もしっかり保湿してくれますよ。

1 2

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket