ダイエットの大敵!停滞期を上手く乗り切るために大切な事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

筋力を強化する事で体の代謝が上がり、痩せやすい体質になります。

インナーマッスルを意識して鍛える事で、効率よく筋力強化し、体脂肪を燃焼させる事ができます。

インナーマッスルを鍛える方法としては、スクワットがお勧めです。

 

スクワットで太ももの筋肉を鍛えると、体全体の代謝が高まると言われています。

空き時間に実践してみると良いでしょう。

 

【ストレッチ】

ストレッチには、以下の6つの効果が期待できます。

・脂肪燃焼効果
・運動の脂肪燃焼効果を高める
・怪我の防止
・疲労回復効果
・リラックス効果
・むくみ解消・防止

特に、運動前や運動後、就寝前に行うことをお勧めします。

 

運動前のストレッチは、体の可動域を広げて筋肉の柔軟性を高める事が出来ます。
それにより、腱や関節の炎症を防ぐ事ができ、ケガの予防につながります。

筋肉を適度に刺激するので、血流が良くなり、体全体に酸素が行き渡り、体の代謝を上げるほか、運動での脂肪燃焼効率も上げる事ができます。

 

そして、運動後のストレッチも大変重要です!

運動後ストレッチを怠ると、筋肉が疲労し凝り固まり血液の循環を悪くするので、血管に老廃物が溜まり筋肉疲労を蓄積してしまうのです。

結果、疲れがとれなくなってしまいます。

ストレッチがいかに重要かがわかりますよね。

 

【筋トレ+有酸素運動+ストレッチ】

脂肪燃焼効率を上げるために最も有効な運動方法の組み合わせ・手順としては、

ストレッチ→筋トレ→有酸素運動→ストレッチ

です!

つまり、運動前にウォーミングアップとしてストレッチを行ってから筋トレをし、その後に有酸素運動を行い、最後にストレッチを行う方法です!

それにより、体全体が温まり、代謝が上がった状態で運動を行う形になり、さらに最後に筋肉を刺激してほぐすので、より効率的に体脂肪を燃焼する事ができます。

3-3 体重と食事の記録をつける

毎日、自分の体重や食事内容を記録することをお勧めします。

「レコーディングダイエット」の手法をとりいれた方法となります。

 

食べたら書かなきゃいけない→面倒

という事から、

「食べるのが面倒=痩せる」

というメカニズムになるので、ダイエットには大変有効的です。

 

記録するものは、

・食べたもの
・体重

です。

さらに、モチベーションを高めるのであれば、「食べた時間」も書くとよいでしょう。

毎日記録をすることで、自身の食行動、生活習慣を振り返り、見直す事が出来ます。

知らず知らずのうちにしていた自分の食行動・生活習慣をよく知る事ができ、そこからどう改善していけばよいのかを把握していく事が大切です。

例えば、

「昨日食べ過ぎてしまったから、やはり太ってしまった!今日は食事を調整しよう。」

と、自身できちんと調整して体重管理が出来るようになります。

 

3-4 チートデイのおすすめ!

チートデイとは、ダイエット停滞期の解消と停滞期からの体重減少を見込み、ダイエット中に思い切り好きなものを食べる日をつくる方法です。

ダイエット中に節制していたものも含め、好きなものを好きなだけ食べてよい日としています。

好きなものを好きなだけ食べれるので、満腹感・満足感が得られるほか、ダイエット中に溜まりがちなストレスもそこで発散できるのです。

さらにチートデイを行うことで、脂肪代謝ホルモンであるレプチンを活性化させ、レプチンを活性化させることで、


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket