ブロッコリーが持つ凄い栄養と5つのダイエット効果って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

肌あれピンチに7日間の救世主!

定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
dプログラムはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。
→詳しくはこちら
90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは

すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
実際に90%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

脂っこい食事は現代人がどうしても陥りがちな罠です。単純に太ってしまうのはもちろん、動脈硬化や心筋梗塞など、生活習慣病や癌などのリスクも高まります。

そのためダイエットは、女性はもちろん男性にとっても大切になってきます。そのダイエットには欠かせないのが、普段どうしても食卓に不足しがちな野菜。

しかし具体的にどんな野菜をとればよいのでしょうか。実はそこで注目されるのがブロッコリーなのです。今回は、ブロッコリーの持つ栄養とダイエット効果について、詳しく調べてみました!

目次一覧

1. ブロッコリーの栄養って?
1.1.ブロッコリーとは
1.2.ブロッコリーに含まれる栄養素
1.3.ブロッコリーと他の野菜との比較

2. ブロッコリーの効能って?
2.1.風邪の予防
2.2.生活習慣病予防
2.3.がん予防
2.4.アンチエイジング
2.5.骨を丈夫にする

3. ブロッコリーでダイエットできる?
3.1.ダイエットに効果的な野菜とは
3.2.ブロッコリーの成分と特徴
3.3.ブロッコリーはダイエットに効果的

4. ブロッコリーダイエットの方法は?
4.1.電子レンジで加熱
4.2.1日100g、食前に食べる
4.3.よく噛んで食べる
4.4.茎まで食べる
4.5.筋トレ後にささみと一緒に食べる

5. ブロッコリーダイエットの効果って?
5.1.満腹感が持続
5.2.脂肪を燃焼させる
5.3.筋肉増強
5.4.便秘解消
5.5.美容効果

6. ダイエットに効果的なブロッコリーの調理法は?
6.1.ブロッコリーとささみのサラダ
6.2.豆腐ブロッコリー
6.3.ブロッコリーと蓮根炒め

7. ブロッコリースプラウトって?
7.1.ブロッコリースプラウトとは
7.2.ブロッコリースプラウトの栄養素
7.3.ブロッコリースプラウトの効能
7.4.ブロッコリーとの比較
7.5.ブロッコリースプラウトのダイエット法

8. まとめ

1.ブロッコリーの栄養って?

item-0106

「野菜不足」は現代の日本人にとって深刻な問題です。多くの人が脂分の多い食事など、栄養バランスの偏りでメタボリックシンドロームのような病気のリスクを抱えているのです。

ダイエットは女性の美容にとってはもちろん、男性にも健康面での大事な課題です。そこで欠かせないのが栄養豊富な野菜なのですが、数ある野菜の中でも優秀な栄養価を誇るのがブロッコリー。

それではブロッコリーが持つ栄養とは、具体的にどんなものなのでしょうか。それについて詳しく見ていきましょう。

1.1.ブロッコリーとは

そもそもブロッコリーとはどんな野菜なのでしょうか。ブロッコリーはアブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜で、キャベツの一種です。カリフラワーとよく間違われますが、カリフラワーはブロッコリーの変種にあたります。

地中海沿岸を原産とし、花蕾と茎が食用部分になります。その歴史は古く、古代ローマ時代にはすでに食べられており、15~16世紀に栽培が本格化。17世紀に入るとヨーロッパ全土へ普及していきました。

日本には明治時代に入ってきましたが、普及しだしたのは1980年代に入ってからで、それまではあまり食べられることはありませんでした。

ブロッコリーの選び方としては、緑色が濃く、鮮やかなものほど新鮮です。またつぼみが凝縮されて目が詰まっているものがよいでしょう。逆に鮮度が落ちているのは、つぼみが黄色く変色しており、茎に空洞がはいっているものになります。

1.2.ブロッコリーに含まれる栄養素

それではブロッコリーにはどんな栄養素が詰まっているのでしょうか。その成分と量について見ていきましょう。

・食物繊維・・・4.4g(可食部100gに含まれる量)

・β-カロテン・・・810μg

・ビタミンE・・・2.5mg

・ビタミンK・・・160μg

・ビタミンB1・・・0.14mg

・ビタミンB2・・・0.20mg

・ナイアシン・・・0.8mg

・葉酸・・・210mg

・ビタミンC・・・120mg

・カリウム・・・360mg

ブロッコリーの成分の特徴としては、特にビタミンCの豊富さが挙げられます。その量はいちごの2倍、レモンの2.5倍に相当する量です。ブロッコリー2分の1株を食べると、成人が1日に必要なビタミンCが賄えるのです。

それから葉酸が多く含まれているのも特徴の一つ。葉酸はDNAなどの核酸の合成に関わる成分で、妊婦にとっては赤ちゃんの発育を促進する栄養となります。また赤血球やヘモグロビンの合成にも関係しています。

その他β-カロテン、ビタミンE、ビタミンB群も多量に含んでおり、カルシウムや鉄などのミネラル、食物繊維も豊富。いずれも美容と健康にとっては欠かせない成分ばかりで、ブロッコリーの栄養価の高さがうかがえます。

さらにブロッコリーの大きな特徴と言えるのが、「スルフォラファン」という成分を含んでいる点。スルフォラファンはブロッコリーに微量に含まれる辛み成分で、フィトケミカルという植物に含まれる天然の化学物質の一種です。

スルフォラファンは優れた抗酸化作用と解毒作用を持つことから、さまざまな病気を防ぐ効果があると言われています。

1.3.ブロッコリーと他の野菜との比較

それでは、ブロッコリーは他の野菜に比べてどんな特徴があるのか、その点について見てみましょう。

まずは同じキャベツの仲間であるケールと比較してみましょう。「スーパー野菜」と言われるほどの栄養価を誇るケールですが、それに比べてもブロッコリーは食物繊維、ビタミンC、葉酸、ビタミンB1といった成分の栄養が勝っています。

そのケールに勝ると言われる明日葉(アシタバ)とはどうでしょうか。さすがに栄養豊富な野菜だけあって、食物繊維やβ-カロテンといった成分では明日葉の方が勝っています。しかし、ブロッコリーはビタミンCや葉酸、ビタミンB群の栄養で明日葉をしのいでいるのです。

こうしてみてもブロッコリーのビタミンCがいかに豊富かが分かります。さらに最大の特徴であるスルフォラファンを含んでいることからも、ブロッコリーが栄養に優れた野菜であることはあきらかなのです。

2.ブロッコリーの効能って?

a0960_005567

ここまでブロッコリーに含まれる栄養について見てきましたが、それではブロッコリーにはどんな効能があるのでしょうか。続いてはブロッコリーを食べることで得られる効果について見てみましょう。

2.1.風邪の予防

冬に風邪をひきやすくなるのは、喉や鼻などの粘膜が乾燥して炎症を起こし、ウィルスへの抵抗力が弱まるためです。そこで粘膜の乾燥を防いでくれるのが、ビタミンAです。

<< 次のページへ続きます >>

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感できたとして話題になっているのは オルビスのニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
正直、これが最強です。
→詳しくはこちら

98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

1 2 3 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。