【青汁徹底比較】どの青汁を飲めば効果がでるの?青汁入門者は必読です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。

すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

near-1248954_960_720

青汁を飲んだら身体に良い!!

最近の健康ブームで青汁の豊富な栄養素に注目されていますが、青汁のどの成分が身体の何に一体どんな効果をもたらすのでしょうか?

青汁を飲むからには多くの方が何かを改善したいあるいは予防したい等理由があるからこそ取り入れようと考えている方がほとんどだと思います。

しかし見た目は同じような青汁でも栄養成分はさまざまなので青汁選びに迷う方は少なくありませんよね。

思わず人気ランキングを見て上位を決めれば間違いないと思われがちですが、人によって実感したい効果は違います。

 

 

 

今回は人によってさまざまな身体の悩みを青汁で解決したいという方のためにさまざまな面で青汁を徹底比較してみました。参考にしていただけると幸いです。

 

目次

1.目的を持てば効果も実感しやすい?!目的別に取り入れるべき栄養成分の比較について
2.売れている青汁はどれ?人気上位の青汁を比較しました
3.初めて青汁を飲む方に
3-1.サンプルでまずは青汁を試したい!どの青汁が気軽にはじめやすい?
3-2.続けるには値段も大事、値段も手頃な青汁を比較してみました
3-3.飲みやすさも大事!美味しい青汁を比較してみました
4.口コミや体験談を見て青汁を買いたいという方のために・・・
5.目的別のおすすめ青汁徹底比較!
5-1.ダイエットに効く青汁は?
5-2.美容に効く青汁は?
5-3.栄養価がとにかく高い青汁は?
6.子どもから高齢者まで安心して青汁はあるのか?オススメを教えて!
7.取りすぎは逆効果?飲みすぎの危険性とは?
8.まとめ

 

 

1.目的を持てば効果も実感しやすい?!目的別に取り入れるべき栄養成分の比較について

gahag-0111001090-1

健康に青汁が良いとはよく聞くけれども青汁ってそもそも何が入っているの?野菜ジュースと何が違うのか?という疑問を持たれる方もいらっしゃいますよね。

まずは青汁には何が入っているのか詳しく見ていきましょう。

 

青汁ってそもそも何?・・・おおまかにいえば、緑黄色野菜をすりつぶしたものです。つまり野菜の搾り汁なんです。

「野菜を摂取することが健康を作る」ことが世間に広く認知されているように、青汁=野菜ですから体に良いと言われれているんです。

 

野菜ジュースとの違いは、緑黄色野菜の含まれている量です。

同じ野菜でもメインで含まれているのはケールといった緑黄色野菜なんです。ちなみにケールは「緑黄色野菜の王様」とも呼ばれております。

一日の野菜摂取目安量として350gが理想とされています。野菜の価格の高騰や、忙しくて摂取する時間が惜しい、野菜嫌いだから無理!などさまざまな理由から野菜不足の方が多いとされている現代社会だからこそ青汁は注目されているのです。

 

そもそも緑黄色野菜って?・・・緑黄色野菜と淡色野菜という2種類に野菜は分類されます。

老化の原因や、ガンなど生活習慣病の原因になる酸化を抑える働きを促してくれるベータカロテンという栄養成分が100gあたり600マイクログラム含むものを緑黄色野菜として定義がきちんとされているのです。病気の予防にも効果のある緑黄色野菜ですが、実は美容にもとても効果の高い優秀な食べ物なんです。

また緑黄色野菜かどうかは目ですぐに確認できます。野菜の中まで、色がついているかどうかです。
緑黄色野菜は中まで色が付いているので目で簡単に見分けることが可能です。

 

現在、緑黄色野菜には、全部で56種類の野菜があります。代表的なものは・・・
ブロッコリー・かぼちゃ・にんじん・ほうれん草・春菊・明日葉・ケール・にら・小松菜・パセリ・モロヘイヤなどです。ではケールといった緑黄色野菜が含む栄養素は何があるのでしょうか?

 

緑黄色野菜はミネラルビタミンで構成されています。

 

ミネラルやビタミンもさらに栄養素がわかれていくのですが今回は、目的別に青汁を取り入れるかたに向けた記事ですので目的別に必要な栄養素をまとめてみました。

 

・栄養素がとにかく多い青汁を飲んで健康になりたいという方に積極的に取り入れたい栄養素は?

健康を維持、改善したいと考えている方は生活習慣病について意識が高いという方も多いでしょう。そこで生活習慣病の予防、改善に効くという食べ物に注目し、含まれている栄養成分について見てみました。

 

生活習慣病に効くと言われている食べ物は、納豆や赤ピーマン、玉ねぎ、ブロッコリー、キャベツ、きゅうり、生姜、みょうが、モロヘイヤ等です。

 

納豆には食物繊維が豊富でコレステロール値や血糖値を下げる効果があります。また、心筋梗塞や脳梗塞になる原因の血栓(血管を詰まらせて血液の流れを悪くさせた状態)を溶かす役割があります。

玉ねぎにはビタミンB1の吸収を促し、新陳代謝を良くします。疲労、食欲不振、不眠、勢力減退に効果があります。また、糖尿病を予防する効果あります。

キャベツはビタミンCが豊富に含まれています。風邪予防、疲労回復などに効果があります。またビタミンUビタミンKを含み、これらの働きは胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防の効果があります。

モロヘイヤはビタミンとミネラルがバランス良く豊富に含まれています。老化防止を働きかける活性酵素の抑制をしてくれるカロテンの含有量が野菜の中で上位に位置しています。血管や粘膜を丈夫にし、細胞の老化を抑制してくれます。

カルシウムの含有量も多く、ビタミンkも入っており、これらの働きが、骨粗しょう症の予防、イライラ防止等ストレスの防止やイライラしやすい方にはおすすめする大事な栄養素なのです。

特に若い女性に悩む人が多い症状で、貧血、めまい、息切れがあると思います。モロヘイヤに多く含まれる鉄分の吸収をビタミンCが手助けをし、免疫力を高める効果を促してくれたりこれらの症状を和らげたりしてくれます。

 

以上のように栄養素を注目してみましたが、健康の悩みは人それぞれですので健康の悩みがなく病気予防のために青汁を飲みたいという方には栄養バランスの良いモロヘイヤなどが豊富に含まれた青汁を選ぶと良いと思います。悩みのある方は効果のある栄養素が豊富に含まれている食材に注目して青汁を選ぶのが効果をより実感しやすい青汁にあえるでしょう。


重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

1 2 3 4 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。